一条工務店アイスマートを建てる!

トス屋

アイスマート 太陽光発電

一条工務店の太陽光発電のデメリットは?載せない選択もあり?

更新日:

太陽光

【更新!】FIT法改正の影響をモロに食らったので、そのあたりの情報を追記しました!

 

『太陽光パネルって光熱費がタダになるの?』

『今からやっても利益は出るの?』

 

一条工務店で太陽光パネルを検討している方は、このような悩みを抱えます。

なぜなら一条工務店のアイスマートは屋根=太陽光パネルだからです。

 

効率的に面積を確保できるのは素晴らしいですが、裏を返せは高額な初期投資が必要になるという事。

それで『失敗』するわけにはいきませんよね。不安になるのも当然です。

 

我が家は当初の試算より、100万円以上損をする収入になりました。

 

今回は、一条工務店の太陽光パネルが儲かるのか?どのような落とし穴が待っているのか?

実際の体験をもとに、解説していきます!

 

太陽光パネルを無料一括見積もりしたい方はコチラ

 

太陽光パネルってどんなもの?

hatena

太陽光パネルに対して、どのようなイメージがありますか?

私はいつでも自由に電気が使えて、電気代は無料になるものだと思っていました。オール電化にすれば、光熱費から解放されるシロモノということです。

しかし、実際に太陽光パネルの検討を始めると、ちょっと認識が違っていました。

電気代はかからないのか?

太陽光パネルが発電すれば、電気代はかからないのでしょうか?

残念ながら、電気代はかかります。

まず、その点に大きな知識不足を痛感しました。

 

発電はできても蓄電はできないのです。夜間は発電しませんので、電気を買うしかありません。日中も曇天や雨天の場合、発電量は減ります。安定して電気を使用することはできず、電気を買う事もあるそうです。

蓄電システムを備えれば解決しますが、現段階では家庭での使用は価格の面からも現実的ではありません。

将来を見据えると、太陽光パネルだけで電気を賄う時代がくるかもしれません。電気自動車が普及すれば、ガソリン代も不要になりますね。

これから先、エネルギーや資源を自分たちまかなうのは必須になってくるでしょう。

危機意識の高い我が家はアメマルシェも設置しています▼

関連記事一条工務店の間取りと価格~雨水貯留タンク(アメマルシェ)~

 

しかし、現段階では【太陽光パネル=投資】と捉えた方がしっくりきます。

太陽光パネルはどのような投資なのか?

太陽光パネルで得られる収入は売電です。自宅で発電した電気を、電力会社に買い取ってもらうのです。

電力会社は、なんでそんなことをしてくれるのでしょうか?

Power-generation

引用:経済産業省HP

それは、日本のエネルギー自給率の低さが原因でした。国を挙げて、エネルギー自給率をアップさせるという国策なわけです。

でも、国だってそんなにお金は出せません、、それじゃ電気の買取財源はどこから捻出してるのか?

Power-generation

引用:経済産業省HP

なんと!省エネ賦課金として、しっかり国民の皆様の電気代から徴収されているようです。

という事は『売電していない人』⇒『売電してる人』に強制的にお金が流れてるってことですね。これはもう、売電をするしか選択肢はないでしょう。

 

しかし!

 

当然ですが、太陽光パネルは高価です。初期費用は数百万単位でかかります。我が家は平家という点を活かし、大容量のパネルを搭載しました。太陽光パネルだけで535万円の費用がかかっています。

東電とは20年間の売電契約を結びました。20年間の売電総額は約900万円を想定しています。

単純計算ですが、900-535=365万円の利益を得られます。

365万円÷20年=18.25万円

535万円を投じて年間18.25万円の利益を得られる計算になります。

(当然、そんな単純じゃないんですけどね。買取価格、消耗品、税金については後述します。)

では、20年間の契約が終了したらどうなるのか?

 

正直、その時になってみないとわかりません。

 

蓄電技術が進歩していれば、電気代なしの生活ができるでしょう。電気自動車の価格も下がり、車の燃料代からも解放されるかもしれません。規制緩和が進み、個人同士での売電産業が発展しているかもしれませんね。

ひとつ確実なのは初期投資は回収できるので、損をする事はないという点です。20年間無事に売電が終了すれば、投資は成功したといえるでしょう。

注意点として、太陽光パネルは経年劣化します。一条工務店のデータでは30年で20~30%の発電効率ダウンとなるようです。

80歳まで生きた場合、築50年になります。我が家は発電効率が70%ダウンしても、一軒家の電力を賄える量の太陽光パネルを搭載してあります。

一条工務店の太陽光パネルの特徴

 通常の太陽光パネルは屋根の上に設置するため、屋根のメンテナンスの度に取り外さなければなりません。さらに端の方には設置できません。屋根が見えてしまう部分が発生して、見た目が美しくありません。

一条工務店の場合は屋根一体型のパネルなので、余す事なく太陽光パネルを設置出来ます。屋根のメンテナンスも不要とのこと。

 

トス屋
アイスマートの屋根は太陽光パネル!

 

ただし、屋根という取り扱いになってしまいます、、つまり高価な屋根です。固定資産取得税が増えてしまうわけですね。

太陽光パネルのデメリット

merit-and-demeritさぁ、美味しそうな話ばかりをしてきましたが、投資ということは必ずリスクが伴います。1番のリスクは発電しなくなることです。それだけは避けなければなりませんが、防ぎきれない場合もあります。 

 

  • 台風による破損
  • 雷による破損
  • 子供が遊んでの破損
  • 隣に大きな建物ができる

 

台風の強風で飛ばされてきたものに破壊される危険があります。雷も危ないです。一撃で壊れてしまうそうです。平家のため、屋根の位置が低いです。子供がボールを投げて遊ぶには最適です。

以上のリスクには、保険で備えます。我が家の場合、火災保険の特約にて対応しようと考えております。概ね20万円/10年になるそうです。

 

追記

火災保険が確定しました!保険見直し本舗で話を聞いてきました。

火災保険とは何ぞや?というところから詳しく解説しています。

関連記事一条工務店i-smartⅡの火災保険を一条提携以外と比較検討

 

 

隣に2階建以上の建造物が建てられるのは、事前対策がたてられません。そんなことにならないように、土地はたくさん確保しましょう。特に平屋は要注意です!

平屋にのメリットとデメリットはこちら▼

関連記事平屋のアイスマートのメリットと間取り(勾配天井も採用)

 

他にも考えられるリスクは、、

 

売電のリスク
  • 悪天候による発電効率の低下
  • 初期費用がでかい
  • パワコンの交換
  • 税金がかかる
  • 買取価格の下落

 

こんなところでしょうか。

天候不良を避けるのは不可能ですね。ただ、一条工務店ではエリアごとに売電シュミレーションをしてくれるので、それを参考にすれば大きく外れることはなさそうです。

初期費用は年々下がっているようですが、、私が契約した平成28年8月時点では18.69kWで535万円でした。住宅購入の総費用に対して15%近くを占めます。かなり大きいですね。

パワコンは経年劣化するので、交換が必要になるようです。他のブログを参考にする限りでは30万円程度でしょうか。

売電収入は雑所得として扱われます。なので、税金が発生するのです。しかし、パネルそのものを17回に分けて原価償却できるとの情報を得ました。

我が家の場合、毎年31万円ほど経費にできそうなので、それほど心配はなさそうです。

売電価格の下落

『発電しなくなる』ことが一番のリスクです。

ですが、『売電価格の下落』も相当なリスクとなります。

 

いやいや、売電価格はある程度わかるでしょ!

 

そう、我が家だってわかっていましたよ。

以下、太陽光パネル10kW以上搭載、20年の全量売電という条件での売電価格の推移です。

年度 売電価格
H29年度 21円
H28年度 24円
H27年度 29円
H26年度 32円
H25年度 36円
H24年度 40円

 

24円、、

 

うちは24円だったんだ!

 

FIT法改正

FIT法とは【太陽光固定価格買取制度】のことです。つまり、売電制度のことですね。

それが改正され、平成29年8月31日に施工されたのです。

その中にはこんな改正が盛り込まれていたのでした。

Power-generation

引用:経済産業省HP

ほうほう、つまり『申請した時より太陽光パネルの量を減らして発電出力が20%以上下がったら、その時点での売電価格に変更するよ』ってことだね。

 

具体的に我が家の例を説明してみよう。

 

電力会社との売電契約ってのは個人でもできる?ようなのですが、ハウスメーカーでも代行可能です。当然、ハウスメーカーは施主の煩わしい手続きを引き受けることを前提に声をかけてくれます。

なので、我が家も営業にお願いして、平成28年10月2日に申し込みをしました。

無事に申し込みは受け付けられたので、平成28年度の買取価格の24円で決定しました。

ところが、平成29年3月3日に東電から工事代金の請求書が送られてきます。

 

その額なんと55万円!

 

トス屋
高すぎる!

 

どうやら、ほとんど費用が発生しないエリアもあるようで、運が悪いとしか言いようがないみたい。電柱の性能によるとのことで、そのエリアの売電量が限界値を超えると、新たな設備投資が必要になります。

我が家はちょうどその設備投資に当たってしまったという事です。

 

トス屋
ついていない

 

ただ、申請時はソーラーカーポートを考えおり、MAX出力の27.8kWで申請していたのです。

ところが、実際はソーラーカーポートはやめにして、18.69kWで決定したのでした。

すると、営業から甘い囁きが、、

 

『もう一回申請して、工事費用を安くしてもらいましょう。』

 

え?安くなりそう?そうだよね、発電出力が減ってるんだから工事費用も安くなるよね。

 

トス屋
でも、売電価格を下げられたら困るなぁ、、

 

そう、そこだけはキッチリ懸念材料として認知していたのです。

しかし、営業からそれは大丈夫!と太鼓判を押されて、再申請をする事にしたのでした。

再申請の結果は?

Application

再申請をしてから約5ヶ月が経過した、、、時間かかりすぎじゃね?

でも平成29年8月14日に、ようやく結果が届きました。

東電からの工事請求金額は55⇒33万円に減ったのでした!

 

トス屋
やったぜ!再申請は大成功!

 

と、喜びながら平成30年1月の引き渡しを迎えます。

引き渡し日はとてもワクワク楽しい、そんな1日になるはずでした。

一通りの説明を受け、これでやっとマイホームに住めるのか~なんて考えていた矢先、営業からの一言。

 

FIT法が改正されまして、、売電価格が下がってしまいます。

 

え?は?どゆこと?FIT法って?突然の報告にフリーズ。

 

そして2018年7月、やっとうちの売電の経済産業省の認可が下りたとのことで、我が家の太陽光発電も始まりそうな予感?

なので、重い腰を上げて、FIT法をちゃんと調べて書き直している次第です。

え?売電始まってないの?って思いました?

始まってませんよ。

 

トス屋
もう住んでるのに発電していない・・・

 

もー、売電に関しては大金を投資したのに、全く思うように進んでませんね。

我が家の経過をおさらい!

 

売電価格減少までの経過
  1. 平成28年10月2日 売電の申し込み
  2. 平成29年3月3日 東電から55万円の工事費用請求
  3. 再申請
  4. 平成29年8月14日 工事費用55⇒33万へ
  5. 平成29年8月31日 改正FIT法施行
  6. 平成30年1月22日 引き渡し日に改正FIT法が適応されると説明を受ける

 

つまり、再申請したことにより工事費用は減り、27.8kW⇒18.69kWが適応されました。

それはイコール35.6%の発電出力減少となります、、

では、もう一度改正FIT法を見てみましょう。

Power-generation

完璧に該当してる!

逃げようがないくらいキッチリ書かれてる!

 

『手痛く負けた時こそ・・・胸をっ・・・!』(わかるかな~、、この気持ちw)

 

というわけで、我が家の売電価格は24⇒21円に下がる予定です。

単純に計算して12.5%減るので、20年間の売電総額は900⇒787.5万円に減ります。

 

トス屋
112.5万円の損失

 

ただ、実際に売電が始まってみないと確実な事は言えないようです。

追記:売電開始と単価の確定

色々とすったもんだしていた我が家の売電ですが、2018年8月にようやく開始されました!

ホントに心配事が絶えない投資でヒヤヒヤしっぱなしでしたが、無事に発電されて良かったです。

パワコンの調整不具合で、アフターサポート呼んで直したりはしましたが。

 

これにより売電単価が確定しました。残念ながら予想どうり1年後の単価になりました。

色々と消化不良の多い結果となり、イマイチ楽しくない太陽光発電です。口止めの圧力をかけられたりしています。

しかし、1年以上続いた我が家の売電問題に、やっと終止符を打つことができました。

発電量と売電収益の予想

Estimate

それでは、屋根の面積を考慮しながら売電価格の変化を検証してみましょう。

もちろん、24円でのシュミレーションになります、、24円、、はぁ。本当は21円でシュミレーションし直してほしかったんですが、営業に依頼したら断られました。

『システムが対応してない』とのこと。

よくわかりません。逃げてるだけのような気がします、、さ、気を取り直して24円でのシュミレーションを余すことなく紹介しますよ!

追記:やっぱりシステムの問題は嘘だった

売電の開始とともに、減額された単価でのシュミレーションを頂きました。

やっぱり21円でのシュミレーションもできたんですよね。てか、できないわけがないですよね。

コチラも消化不良の原因です。営業さんの『逃げ』には残念としか言えません。

人の器というのは、切羽詰まったときに見ることができます。困ったとき、問題が起こった時こそ、真摯に対応しなければなりませんね。

愚痴が多くてすいません(^^;)

気を取り直して、24円でのシュミレーションを紹介します!

2階建

Electricity-sales-plan

まずは2階建てでのシュミレーション。一条工務店では1番ベーシックな搭載量です。これでも年間32万円の売電収入を見込めます。

Electricity-sales-plan
 
20年後には152万円のプラスになる予想です。

平屋

 
Electricity-sales-plan
 
続いて平屋のシュミ。
平屋は2階建てよりも屋根の面積が増えるので、搭載できる太陽光パネルが増えます。
それに伴い年間の発電量は15万円も増えます。
 
 
Electricity-sales-plan
 
20年後には232万円のプラスになる予想です。

平屋(勾配天井)

 
Electricity-sales-plan
 
続いて平屋に勾配天井を採用しました。
 
 
勾配天井なら屋根の面積が増えるはずですが、発電量が減ってしまいました。
 
roof
 
我が家は南向きに太陽光パネルを設置しています。勾配天井にすると、その分北側の壁の高さが必要になります。生産の都合、その高さの壁が作れない言われました。
青い四角の壁は生産不可、赤い四角の長さの壁しか作れないんだと。
 
注文住宅なんだから頼むよー、と思いましたね。しかし、平屋なので吹き抜けは設置できません。その対策としての勾配天井なのです。太陽光パネルよりも重要でした。
 
その為、太陽光パネルは南から北にかけ7割くらいしか設置できず、北側3割には普通屋根を設置してあります。
 
Electricity-sales-plan
  
突然、『すぐラク』プランと『夢トク』プランが出てきました。
『すぐラク』は通常のローン、『夢トク』は初期費用を一条工務店に建て替えてもらい、売電で返済していくシステムです。
『夢トク』では20年後には217万円のプラスになる予想です。 

書斎、納戸追加

 
Electricity-sales-plan
 
結局、北側の屋根は改善できなかったのですが、南側に納戸と書斎を設置して太陽光パネルの量を増やしました。
 
年間の売電収入は47万円となり、満足な結果となりました。
 
もちろんデメリットもあります。南側にはLDKを設置していました。その為、キッチンとダイニングの光の量を減らす結果となったのです。
 
こちらの記事でも紹介しています。

関連記事:一条工務店の間取りと価格~書斎の机(フリーカウンター)~

  
Electricity-sales-plan
 
『夢トク』では20年後には272万円のプラスになる予想です。  

 太陽光パネルの本質

太陽光パネルについて1番認識が変わったのは、『投資』であるという点でした。そして、今回はその投資に潜む『リスク』をモロに背負う事になりました。

東電の工事費用を22万円安くするために、112.5万円を失うという大失態。おまけに、再申請なんてしたもんだから認可が下りるのが遅れて、引越し後7ヶ月も待つはめになってしまいました。

起こってしまったことは仕方なですね。受け入れます。

 

一番の失敗は営業の言葉を鵜呑みにしたことです。大事なことは第三者の情報も必要でした。

他の太陽光パネルも見てみる

 

ちなみに、、一条工務店では初期投資不要の『夢トク』というプランがあります。

先ほどちょっと紹介しました太陽光パネル代を一条工務店に肩代わりしてもらい、売電収入で返済していくシステムです。

一見、素晴らしいシステムに思えますが注意も必要です。

2017年7月時点、夢発電の金利は1.4%なので住宅ローンに組み入れたほうがお得です。

また、団信に入っていても夢発電の保証はしてもらえません。団信で太陽光パネルの費用も保証したい場合は、夢発電ではなく住宅ローンに組み入れましょう。

-アイスマート, 太陽光発電

Copyright© トス屋 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.