坪単価・見積もり

一条工務店の坪単価は65万円!?入居前に必要な費用~申請~

更新日:

Application

住宅購入の資金計画

マイホームは人生の中で1番大きな買い物です。その資金計画をしっかり立てる事はその後の安定につながります。

家を建てるためにはどのようなお金がどのような時期に発生するのかを考えておかなければなりません。

住宅購入は一生に一度の方がほとんどです。経験がないため、予測できない費用も発生してきます。自分が把握している費用より、多めの資金を準備する必要があります。

我が家は一条工務店のi-smartⅡで家を建てます。2018年1月に引渡し予定です。実体験をもとに、まずは契約から引渡しまでの資金計画を紹介します。

マイホームにかかる費用

マイホームにかかる費用は予想よりも多く、完全に把握するのは困難でした。必ず、余裕資金を準備しておく必要があります。

かなりのボリュームになるため以下の4つに分けます。

  • 建物本体
  • 外回り
  • 申請
  • ★車★

上記4つに対する具体的な項目を以下1~22とします。

  1. 建物本体
  2. 建築申請・その他業務
  3. 付帯・排水工事
  4. 標準仕様外工事
  5. 太陽光発電システム
  6. 東電売電設備
  7. 解体工事
  8. 外構工事
  9. インテリア
  10. 火災保険
  11. テレビアンテナ工事
  12. 引越し
  13. 水道工事
  14. 水道加入金
  15. 残土処分
  16. 地盤調査
  17. 契約書印紙
  18. つなぎ融資利息
  19. 登記
  20. 諸官庁手続き
  21. 設計報酬
  22. ★車★

今回は申請について紹介していきます。

2.建築申請・その他業務付帯(41万円)

こちらの内訳は以下の2つです。

  • 確認申請・長期優良住宅手続き及び諸費用 36.5万円
  • 住宅瑕疵担保責任保険法人検査確認書 4.5万円

長期優良住宅

長期優良住宅そのものの申請料は数万円ですが、ハウスメーカーを通すと手間賃がかなり上乗せされます。しかし、必須の項目ではありません。申請するかどうかは契約者の自由です。

申請が受理されれば住宅ローン控除の額が増えます。しかし、10年間で最大400万円が500万円になるだけなので、もともと400万円以下の恩恵しか受けられない場合は無意味です。1年で40万円の住宅ローン控除を受けられる年収って相当なものだと考えられます。

また、固定資産税の軽減期間を延長する事が可能になります。これはかなりの恩恵を受けることができると考えられます。通常の住宅では3年間1/2に対し、長期優良住宅では5年間1/2となります。

我が家は約33坪なので年間の固定資産税は20万程度と予想できます。2年間延長することで20万円程度は安く済ませることができるはずです。

1番恩恵を受けられるのはフラット35sです。通常のフラット35とは異なり、始めの10年間は金利を0.3%下げてもらえます。総返済額で約80万円減らすことができます。

住宅瑕疵担保責任保険法人検査確認書

これはすまい給付金を受けるために必要な書類です。我が家の場合、おそらく10万円分もらえると思いますが、必要な書類に45%も費用がかかるとは。。ハウスメーカーを潤す制度としか思えませんね。

それでも5.5万円は手元に残るので書類を作成してもらうことにしました。

12.引越し(10万円)

引越し費用は申請とは関係ないのですが、他に割り振る項目がなかったのでこちらで紹介します。

今回の引越しは同市内での引越しとなるため、さほど金額はかからないと考えています。建築予定地が近いので、事前に運び出せるものは実家に運んでおいて、引越し業者にはベッドなどの大物を中心にお願いしようと考えています。

職場から丈夫なダンボールも入手可能なので、引越代は10万円くらいを予定しています。

17.契約書印紙(1万円)

契約書には印紙を貼らなければなりません。1,000~5,000万円であれば1万円の印紙が必要です。

最初の契約時は5,000万円を超えない範囲で、多めの見積もりで契約しましょう。後で変更による差額分を調整して本契約をします。その時に増額すると、増額分の印紙が必要になるためです。

18.つなぎ融資利息(20万円)

一条工務店では着手金、上棟金、最終金と3段階に分けて支払いをします。それぞれ時期が異なるので利息も一律ではありません。

金利は一律で1.725%です。

我が家の場合は

  • 2017年7月 着手金
  • 2017年9月 上棟金
  • 2017年1月 最終金

となるため、だいたい20万円くらいになると予想しています。

19.登記(25万円)

これは住宅ローンを借りるので必須項目になります。登記することでローンの担保代わりになるからです。

結構高額なのですが、別に資格が必要な手続きではないようで、自分でやることも可能です。

20.諸官庁手続き(25万円)

建築許可を官庁からもらうための、建築確認申請や建築済確認証等の発行手数料となります。

21.設計報酬(10万円)

一条工務店では一律で設計報酬を10万円請求されます。3階建てでは別途10万円かかるようです。

資金の調達方法

資金の準備は若いうちからコツコツと貯めるのが1番の近道です。そして安易に借金をしない事。それは良い借金も含まれます。

私は大学生活のために奨学金を借りていました。4年間でおよそ400万円です。卒業後に必死に貯金して5年で返済しましたが、貯金は使い果たしてしまいました。

その後、コツコツと貯め直したのですが、今度は結婚式でかなり使ってしまいました。

またコツコツ、コツコツと貯めてマイホームに使いました。

もちろん投資をしてお金にも働いてもらいましたが、投資には不確定要素が含まれるので100%あてにはできません。

やはり、毎月の給料から固定で貯蓄していくのが1番の近道です。

-坪単価・見積もり

Copyright© トス屋 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.