アイスマート web内覧会

一条工務店のWeb内覧会~勾配天井~

更新日:

ceiling

勾配天井のWeb内覧会

勾配天井が完成したので公開します。

ceiling

まずは屋根が出来た直後。まだ、足場がありますね。電気配線を通して、石膏ボードを貼るまではこの状態です。

ceiling

はい、石膏ボードがキレイに貼られましました。リビングからぐるっと回ってみます。

ceiling

南側です。勾配天井の開始部分と通常の天井の高さに差があります。ここがポイントなので後で説明します。

ceiling

東側です。この下にはテレビボードが設置されます。

ceiling

北側です。高い方の天井は4~5mはありますね。

ceiling

そして西側に戻ってきました。

ceiling

フローリングが貼られると、また足場を組みます。今度は壁紙を貼って照明を設置します。

ceiling

我が家のリビングは真っ白です。

ceiling

外観です。中心の4枚の窓あたりが勾配天井になっています。

ceiling

壁紙もキレイに貼られました。

勾配天井を採用してみて

実物を見ることなく採用した勾配天井でした。正直、どのような出来になるか不安のほうが大きかったです。

しかし、結果はかなり満足のいくものでした。

どうしても平屋では設置できない吹き抜け。でも、開放的なリビングは欲しい。

その解決策として採用した勾配天井です。

吹き抜けに負けず劣らずの大空間を作ることができました。

では、図面を見てみましょう。

ceiling

勾配天井の面積は10畳分です。赤い四角の部分になります。テレビボードの上にホコリが溜まるのが嫌だったので、テレビの上は通常の天井にしてもらいました。オプション価格は34万円です。

関連記事:一条工務店の間取りと価格~LDKの勾配天井~

先程も書きましたが、緑の四角の部分に部屋を配置したのがポイントです。

下の絵をご覧下さい。(下手すぎる、、w)

ceiling

左のように屋根の低い部分にLDKを配置すると天井の空間が少ないです。

なので、右のように部屋を配置してやります。すると、天井の空間が大きくなるのでLDKが一層広く見えます。

ceiling

実物の外観で見ると、左側のブラウンの外壁部分に部屋を配置したことで勾配天井をより広くする事ができました。

しかし、これは諸刃の剣でもあります。

通常は南に配置するLDKです。しかし、そこに部屋を配置するということは、LDKの日当たりを悪くしてしまうのです。

我が家の場合もリビングは明るいのですが、キッチンは暗めになってしまいました。

しかし、それらのバランスを考慮しても勾配天井を採用して良かったと感じています。

-アイスマート, web内覧会

Copyright© トス屋 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.