土地の買い方

【土地購入における優先順位】予算?交通の便?家の広さ?生活環境?

更新日:

Land purchase

https://tosuya1048.com

皆さんは土地を購入する際に、何を優先させますか?

 

優先させること

  • スーパーが近い
  • 病院が近い
  • 安い土地
  • 広い土地、、etc

 

挙げればキリがないですね。なので、いくつかにポイント絞って優先順位を付けていく必要があります。

この優先順位を間違えると、、

 

『毎月の返済額がキツイ、、』

『毎日の通勤が大変、、』

 

といった、一生の問題を抱えることになります。

そこで、今回は土地を購入する際に優先するべきことを、初心者にもわかりやすいように4つに絞って解説していきます。

 

この記事はクラウドソーシング「ランサーズ」を使って専門家に依頼しました。

以下、ライターさんの紹介です。

プロフィール

Writer

【不動産ライター】

松本和博 (平成23年度 宅地建物取引士 試験合格)

大学在学中に宅建取得。

不動産と住宅関連の分野を中心にWEBライターとして活動。

行政書士事務所勤務による不動産手続きの実務経験をもとに、同ジャンルを中心にWEBコンテンツ執筆、書籍執筆協力等を精力的に行っている。

執筆実績:不動産購入、不動産手続き、不動産投資、住宅ローン、不動産法務、不動産相続、 マンション、確定申告、民泊など

お仕事のご相談:kazu.office345@gmail.com

土地購入をテーマにして19回にわたり、記事を書いていただきます。

 

トス屋
このコンテンツを見れば、土地購入の不安は消えるはず!

 

それでは第5回『【土地購入における優先順位】予算?交通の便?家の広さ?生活環境?』について解説していただきます!

 

 

注文住宅のために土地を購入する際、どのような物件が良いのか悩んでしまう方は多いでしょう。

不動産会社等に相談して見学してみても、全部の物件が魅力的に思えたりします。

今回は土地購入において少しでも迷いを無くすために、優先順位の付け方を紹介いたします。

土地購入の際に優先するべきことは?

土地購入の時に重視するべきことは、以下の4つです。

 

重要な4つの優先事項

  1. 予算
  2. 生活環境
  3. 家の広さ
  4. 交通の利便性

 

これらの点は、購入した時は特に問題に感じなくても、後で悩みが生じてしまうことが多いのです。

 

具体的な事例

  • 予算オーバーの物件を購入したけれど、生活していくうえで予想以上にお金がかかり苦労するケース
  • 多少の不便は気にしないからといって、スーパーが遠い土地を購入して、年月が経つと後悔するケース
  • 部屋は狭くてもいいと考えたけれども、予想外の出産があるケース
  • 車があれば大丈夫と思っていたけど、車が運転できなくなったケース

 

これら事例から考えてわかるように、最初の考えが甘く後悔するポイントこそが、土地購入の優先順位といえます。

では、各内容について具体的に考えてみましょう。

①予算

パロ
土地の予算はいくらだった?
、、、0円(^^;) 先祖代々の土地だったんだ
トス屋

 

注文住宅を建てるための土地購入において、予算は最も重要となる項目です。

大手不動産メディアが実施したアンケート結果では、4人に1人以上の人が予算を重要視して土地購入を検討しています。

お金は生活の根幹に直結しますから、予算は慎重に考えたいものです。

土地の予算を考える時は、上物の建物も一緒に計算してください。

以下の3つをポイントにしましょう。

 

3つのポイント

現在の貯蓄

頭金に回せるお金

月々の無理のない返済額

 

参考ではございますが、住宅金融支援機構の調査では、頭金は物件金額の2割返済負担率は2割というのが平均像です。

 

  • 物件金額:土地と建物の価格
  • 返済負担率:(年間返済額)÷(年収)×100

 

例えば、、

土地と建物の価格が3,500万円。ローン返済が毎月10万円。年収が500万円の場合。

  • 頭金2割=700万円
  • 返済負担率=120万円÷500万円×100=24%

上記のような計算となる。

 

パロ
トス屋はいくらだった?
頭金は20%弱、返済負担率は25%くらいだよ。平均よりはちょっと苦しいのかな
トス屋

 

我が家の詳しい費用はコチラで紹介しています!

関連記事【一条工務店】33坪の平屋アイスマート!坪単価と総額はいくら?

 

②生活環境

パロ
買い物がすぐにできるって重要だよね
すごく大切!前のマンションは目の前がスーパーだったからラクだったな~
トス屋

 

注文住宅を建てて住むということは、長くそこに住み続けることが大前提です。長く住むということは、ある程度の利便性が無ければ後悔にすることになります。

家の近くに食品店や生活用品店がある、徒歩圏内にコンビニがあるということが快適な生活に大きく影響してきます。

ただし、車を所有していれば、そこまで気にする必要はないでしょう。

職場からの帰りに買い物ができる人も、近くにスーパーや生活用品店が無くても大丈夫でしょう。

もし永住志向が強くて、高齢になってからも住み続けたい場合、この点については優先順位を高めにすべきといえます。

 

トス屋
車を所有するかどうかで、大きく変わりそうだね!

 

③家の広さ

パロ
トス屋んちは広いんでしょ?
広さは33坪だから普通だよ。でも、平屋だから土地は広いね。
トス屋

 

注文住宅を建てる際には、土地の広さが大切な要素となります。理想の間取りや住宅プランがあっても、それだけの土地がなければ実現できません。

しかし、実はこの家の広さ・土地の広さというのは、優先順位は高くなくてもよいでしょう。

というのも、絶対に広い家で暮らしたいという強い希望が無ければ、適度な広さの家の方がお得です。

 

適度な広さが得する理由

価格が安く済む

固定資産税も安く済む

修繕費用も安く済む

 

固定資産税は毎年支払いが必要ですから、負担に感じる方は多いです。

また、将来的にリフォーム、修繕するときは小さい家のほうが安上がりです。

ランニングコストまで考えると、適度な広さの家で生活した方が金銭的には得することが多いといえます。

 

我が家の土地と間取りを図面で紹介しています!

関連記事一条工務店のWeb内覧会~整地~

 

④交通の利便性

パロ
都会と田舎はどっちが良かった?
品川区と福島県に住んだことがあるけど、、田舎で車のほうがラクちんだよ。特に子育て世代はね!
トス屋

 

交通の利便性については、都会と地方で考え方が大きく変わります。

都会であれば交通の利便性はが高い必要があります。都内で駐車場まで考えたとき、ランニングコストは大きくのしかかってきます。

そのため、地下鉄や公営バスなどの交通インフラを積極的に利用することになるでしょう。

日々の通勤、通学などの交通の利便性を確保するためには、駅の近く、バス停の近くの土地を購入しなければなりません。

反対に地方では、交通の利便性を優先して土地を購入する必要は低いです。

地方は車で生活することを前提としている場合が多いためです。

自分なりの判断基準を持つことが大切

以上、土地購入における優先順位を4つ紹介しました。

 

重要な4つの優先事項

  1. 予算
  2. 生活環境
  3. 家の広さ
  4. 交通の利便性

 

誰にでも共通する優先順位は予算生活環境です。まずは、それらを優先事項としましょう。

そして、家の広さ交通の利便性はライフスタイルによって優先順位を変えてください。

限られた予算の中で、優先順位をしっかりつけて土地を購入することが大切です。

-土地の買い方

Copyright© 一条工務店アイスマートを建てる! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.