エクステリア

一条工務店提携の外構(エクステリア)見積もりを2社で比較

更新日:

Exterior

この記事は クラウドソーシング「ランサーズ」 に依頼して作成されたものに、トス屋が加筆、修正したものです。

我が家のスペック

下の表は我が家のスペックです。

ハウスメーカー 一条工務店
タイプ i-smart Ⅱ
階層 平屋
建築面積 約33坪
坪単価(建物本体) 約65万円
太陽光パネル 18.69kW

平屋にしたので大容量のソーラーパネルを搭載しています。

我が家の間取り

下の図は我が家の間取りと土地の概略です。

House-drawing

外構工事の記事を書きたいけど、、

Exterior

我が家は一条工務店で家を建てた。

ハウスメーカーで家を建てれば、必ずお抱えの業者を勧められるだろう。

我が家も2社紹介されて、見積もりをもらった。

しかし、その見積もりを見てもチンプンカンプンw

聞きたことのない単語ばかりで、それが高いのか?安いのか?まったくわからない。

しかも、同じような施工なのに、2社の見積額が100万円近く違ったりする。

ブロガーとして記事も書きたいところなのだが、手を出せずにいた。

 

そこで目を付けたのが クラウドソーシング「ランサーズ」だ。

 

ランサーズでは、様々なスキルや経験を持った方に記事を書いてもらうことができる。

今回、記事を書いてもらったのは、現場経験5年の方だ。

やはり、専門家目線は納得のいく内容だった。

私のブログにマッチするように加筆、修正はしているが、意図は外さないようにしている。

今回は一条工務店の提携(エクステリア)業者2社の比較だ。

 

それではご覧ください。

見積もりの比較

Exterior

完成予想図(F)

Exterior

完成予想図(N)

Exterior

平面図(F)

Exterior

平面図(N)

Exterior

見積もり(F)

Exterior

見積もり(N)

仮設工事

  • F:261,969円
  • N:123,000円

この項目は、両社とも作業内容は大差ないはずなのに14万円近く差が出ている。

これは、F外構の設定した単価が、N外構の設定した単価よりも2~3万円高かったということと、F外構には先行工事があるので養生と重機回送が2度行われているからだ。

先行工事は作業効率、仕上げをより良くするためには必要な作業だ。

しかし、先行工事を行わなかったとしても、工事自体ができなくなるわけではない。

Exterior

特に今回見積もりを取った土地のように、狭くて作業に支障の出ると思われる裏庭に面したブロック塀が既に完成している場合、先行工事の必要性はあまり感じられない。

ただ、先行工事をしなかったとしてもF外構の方が10万円近く高い見積になっているので、純粋に上乗せされている金額が高いのがわかる。

造成工事=土工事

Exterior

  • F:637,800円
  • N:439,950円

この項目もF外構の方が高く、やはり上乗せ金額が大きいのが一番の理由だ。

F外構は先行工事を行なっていて、仮設工事の項目にあった重機とは別のミニユンボという小さな機械も使うとされている。

そのため、より高い見積もりになってはいるが、これらを差し引いても12万円程高くなっている。

基礎工事

  • F:82,140円
  • N:426,360円

この項目はN外構の方が単価が高く、工事を行うm数も長かったからだ。

Exterior

N外構は隣地との境界線を全てブロック塀で仕切る工事を行い、駐車場と庭との仕切りも行なっているので、F外構が22.2mなのに対して91.2mとなっている。

駐車場と庭を仕切ることに関しては、砂利止めの縁石を並べるだけでも良く、特に必要性を感じられない。

施工主の希望がなければ、やらなくてもいい工事だ。

隣地との仕切りは、隣に誰が住んでいて、どのような使い方をしているのかによって変わってくる。

隣地が空き地だったり、親兄弟が住んでいるのであれば仕切りは必要ないかもしれない。

だが、隣地に他人が住んでいる、または住む予定がある場合には、一応仕切りは大切だろう。

仮にN外構がF外構と同じm数の基礎工事を行なったとして計算すると、9~10万円になるので、差額としては1~2万程度だ。

ブロック積み

Exterior

  • F:114,090円
  • N:666,240円

この項目はN外構の見積もった距離数が長く、段数も高い。

F外構が平均段数2.5段で見積もっているのに対して、N外構は平均段数5段だ。

ブロック塀は強度を保つため、1/2~1段程地中に埋められている。

隣地と土地の高さが違う場合、低い方で1/2~1段程度埋まるように積まなければいけない。

なので、高い方の土地から見て2段の高さが欲しい場合、埋められる1段+高低差分+2段の段数が必要になってくる。

同じ敷地内であっても、場所によって高低差が違うので、必要な段数も変わってくる。

特にこの見積もりを取った土地の場合、図面上では隣地との高低差が60㎝ほどの所もある。

Exterior

60㎝というとブロック3段分に相当する。

なのでこの部分は、1段+3段+2段=6段が必要だ。

勿論、高低差があまりないような場所は2段+埋められる1段だけで済むので、2.5~3段程度で十分だ。

このことを考えると、F外構の見積もりは少しタイトに感じる。

ブロックが敷地内の地面スレスレに顔を出す場所が出てきてしまったり、追加工事が必要になるかもしれない。

敷地内から見ても1~2段のブロックが見えるように積み上げるのであれば、N外構の見積もり方が妥当だろう。

天端仕上げ

  • F:26,640円
  • N:73,600円

これはN外構のm数が長かっただけで、単価自体はF外構の方が200円高い。

天端仕上げについてはこちら。

関連記事:一条工務店提携の外構見積もりは高すぎたので、個人的に探してみた。

土間コンクリート工事

  • F:1,066,000円
  • N:1,265,400円

この項目は20万円程の差があり、そのうちの10~15万程がコンクリート工事の施工面積の差だ。

残りの差額は、上乗せされた分の差額と考えられる。

Exterior

コンクリートの施工面積だが、F外構は東側のブロック塀に沿って結構な範囲を土のままにしている。

植裁や芝生などにして、後に活用する予定があって残してあるのであれば、コンクリートにするよりも費用も抑えられる。

 

また、両社共コンクリートスペースがとても広いので、これを車2~3台が駐車出来る程度の大きさにとどめ、それ以外のスペースを砂利や芝生にして庭として利用すれば大幅な費用削減が出来る。

コンクリート枠

  • F:51,400円
  • N:69,650円

この項目に関しては、純粋にN外構の単価設定がF外構よりも高かったからだ。

収縮目地=目地・砂利目地

Exterior

  • F:117,845円
  • N:93,200円

この項目は、コンクリートの割れ止め兼デザインのために行われる仕切りに対する金額だ。

F外構は収縮目地というプラスチックとスポンジでできた、専用の部材を仕入れて施工している。

N外構はコンクリートに一定の間隔で幅8㎝の隙間を設けて底に砂利を詰めるという施工だ。

N外構の方が20mも長いが、こちらの施工の方が材料費が安価なので単価も安く、小計金額も安くなっている。

N外構の砂利は草が生えるのでおすすめしない。

砂利敷き

  • F:198,000円
  • N:116,000円

砂利を敷く面積は大差がないのだが、単価と材料費が大きく違うので差が開いた。

F外構は防草シートと砂利の単価を別々に算出しているので、防草シートと砂利の単価を1つにまとめて出しているN外構の倍近い。

砂利を別単価にしたのは、白砕石という材料が特殊で、普通の砂利に比べて高価だからだろう。

N外構のみが行う工事

Exterior

インターロッキング敷き273,000円、下地コンクリート112,200円、ピンコロ39,000円、コンクリート縁石77,500円の4工事、計501,700円だ。

この工事は、必要な工事ではなくデザイン性を重視した工事なので、ここを削減すれば50万円も浮かせることができる。

製品代金及び製品取り付け工事

  • F:731,805円
  • N:1,013,602円

これは、N外構の製品代金がF外構よりも高価な物だからだ。

むしろ、取り付け工賃はN外構の方が安い。

なので、F外構の見積もりに記載されている商品をそのままN外構の見積もりに換算すると、約62万円に収まってしまう。

 

特に、フェンスとデッキは両社共見た目はほとんど変わらない製品なのに、メーカーと仕様が少し違うだけで大きな金額の差が出てきてしまう。

誰もが知っているような、大きなメーカーは大抵値段が高くなっている。

なので、気に入った見た目の商品を見つけても即決は避け、他のメーカーで同じような製品で安い物がないかどうか確認すると安く済む。

 

また、特にこだわりがないのであれば、デッキのフェンスを付けなければ更に10万程安くなる。

F外構とN外構が同じ工事をした場合

Exterior

F外構とN外構が仮に同じ内容の工事をした場合、どちらが安くなるかというと、数万円程度前後するだけでどちらも大差がない。

F外構とN外構の2社は、どちらもハウスメーカー提携の業者だ。

なので、金額に差が出過ぎないようになっているのだろう。

こうした大きなお金の絡む工事の時には、業者との相性がとても大切である。

相性が良くないと小さなすれ違いから、大きな間違いを引き起こしかねない。

なので、この2社から依頼先を選ぶのであれば、実際に担当者と会話をしてみたときに施工主自身が信頼できると感じた方を選ぶのが良いだろう。

まとめ

Summary

いかがだっただろうか?

製品や工事内容を同じレベルにすると、120万円も差があった2社の見積もりは数万円の差に縮小するとのこと。

これを素人が理解するのはちょっと厳しい。

この記事を価格交渉の参考にしてほしい。

 

2社それぞれの、単独での見積もり評価もしてもらっている。

関連記事:一条工務店提携の外構。施工例は良いけど、560万円の見積もり。

関連記事:一条工務店の外構費用は高い?施工例、見積もりを分析してもらった。

 

ハウスメーカーを使わず、直に業者に見積もりを依頼したこともある。

そちらの見積もり評価はこちら。

関連記事:一条工務店提携の外構見積もりは高すぎたので、個人的に探してみた。

-エクステリア

Copyright© トス屋 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.