エクステリア

一条工務店の外構(エクステリア)は高い?施工例、見積もり分析。

更新日:

Exterior

この記事は クラウドソーシング「ランサーズ」 に依頼して作成されたものに、トス屋が加筆、修正したものです。

我が家のスペック

下の表は我が家のスペックです。

ハウスメーカー 一条工務店
タイプ i-smart Ⅱ
階層 平屋
建築面積 約33坪
坪単価(建物本体) 約65万円
太陽光パネル 18.69kW

平屋にしたので大容量のソーラーパネルを搭載しています。

我が家の間取り

下の図は我が家の間取りと土地の概略です。

House-drawing

外構工事の記事を書きたいけど、、

Exterior

我が家は一条工務店で家を建てた。

ハウスメーカーで家を建てれば、必ずお抱えの外構業者を勧められるだろう。

我が家も2社紹介されて、見積もりをもらった。

しかし、その見積もりを見てもチンプンカンプンw

聞きたことのない単語ばかりで、それが高いのか?安いのか?まったくわからない。

しかも、同じような施工なのに、2社の見積額が100万円近く違ったりする。

ブロガーとして外構工事の記事も書きたいところなのだが、手を出せずにいた。

 

そこで目を付けたのが クラウドソーシング「ランサーズ」だ。

 

ランサーズでは、様々なスキルや経験を持った方に記事を書いてもらうことができる。

今回、外構工事についての見積もりを評価して頂いたのは、現場経験5年の方だ。

やはり、専門家目線は納得のいく内容だった。

私のブログにマッチするように加筆、修正はしているが、意図は外さないようにしている。

今回の記事は一条工務店提携の外構業者だ。ぜひとも参考にしてほしい。

それではご覧ください。

外構工事平面図の解説

Exterior

完成予想図

 

Exterior

平面図

 

「使い勝手が悪そう」

 

完成予想図、平面図を見て、率直に感じた感想だ。

土地を購入して家を建てるとき、最初に何を考えるか知っているだろうか?

それは駐車スペース、庭の広さ、動線など、家の配置だ。

この図面の場合、南北に対して中央に家が配置されている。

つまり、南北に同じ程度のスペースができている。

図面通り道路に面しているのが北側のみの場合、北側のスペースの活用度は低く、南側にスペースを割いたほうがいいのではないだろうか?

東側に十分な駐車スペースを確保できている。

日当たりのいい南側を大きな庭とするのが、一般的にはベストな配置である。

ただし、隣地との兼ね合いや実際の使い勝手は「住む人」にとってのベストであることが一番大切なので、一概には言えない。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]そうなんです。そうしたかったんです。でも、北側に浄化槽を設置する兼ね合いで、中途半端なスペースができちゃったんですよ。[/speech_bubble]

収縮目地

作業する側からすると、収縮目地が多い。赤い矢印の部分だ。

Exterior

収縮目地とは、コンクリートを流し入れる際、ひび割れがおきにくくするものだ。

コンクリートとコンクリートの間に、あえて仕切りとして入れるプラスチックとスポンジでできた製品である。

土地の高いところ~低いところまでの『高低差・角度・向き』によって、どこにどれだけ入れるかを決めていく。

角度が折れて変わるような場所、建物の角に当たる場所に必要である。

1つのマスとして広すぎると判断された場合、追加していくのが一般的なやり方だ。

収縮目地の入れすぎに関しては、日常生活で強度的な問題があるということではない。

むしろ、コンクリートがひび割れする可能性が下がるので良い。

だが、ヒビが入る可能性が少ない分、コンクリート一つ一つが独立した状態となっている。

そのため、地盤が弱い部分のコンクリート1マスに大型トラックが乗ってしまったりすると、コンクリートがマスごと沈んでしまう可能性がある。

こういったことは稀だが、不運が重なり引越しの際に実際に起こったことなので、「有り得ない」とは言い切れない。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]マスごと沈む、、、恐ろしい。あまりマスが細かい場合は注意が必要ですね。[/speech_bubble]

そしてなにより、どんなに収縮目地を入れたとしても、コンクリートはひび割れるときはひび割れてしまう。

コンクリートは流し入れてから、乾くまでに必ず縮む。縮み方は気温、湿度、天気、季節などの影響を受けるので、いくら予防してもひび割れを防ぎきることはできない。

ちなみに、アフターフォローがしっかりしている場合、ひび割れの補修作業を依頼することができる。

だが、正直なところこれはやめておいたほうがいい。

コンクリートの強度に関わるほどのヒビが入ることは滅多にない。あるとすれば天災・震災・手抜き工事くらいだろう。

それ以外のひび割れは、コンクリートが乾き縮んだ際にできるもので補修の必要はない。

多くの場合『見た目』を気にして補修依頼をするのだが、補修はツギハギと同じようなもので、やればやるほど悪目立ちしてしまうのだ。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]ひび割れたコンクリをみて、『あれは嫌だな』と思ってました。ですが、あれがベースなんですね。コンクリは縮むし、ひび割れるものと認識しておかないと落胆が大きそう。[/speech_bubble]

見積もりの解説

Exterior

 

 

「少し高い、決して安くはない」

 

見積書を見た感想だ。

この見積りは埼玉県のものだ。実は埼玉県の外構工事費用は高い。

それと、ハウスメーカー提携の外構業者も費用が高くなる。

今回の見積もりは上記を加味しても、少し高いといえる。

 

外構工事とはいくらが相場なんだろう?

それを知っている人は少ない。

なぜなら、外構工事は地域によって単価が大きく異なるからだ。

職人が外構工事をする時、材料は現場と同じ地域の建材店で仕入れるのが一般的だ。

その建材店での単価が、地域によって大きく異なっているのだ。

地方は安く、都市部は高い。

自分の住む地域の相場を知るためには、何社か見積もり比べてみるのが一番わかりやすい。

この見積書の場合、首都圏近郊にあたる埼玉県ということで、若干高額になっている。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]地域によってそんなに差が出るとは、、埼玉県は不利ですね。[/speech_bubble]

それに加えて、依頼先が一条工務店ということで、ある程度大きなハウスメーカーだ。

見積もりの項目単価自体が高めになっている。

大手になればなるほど、実際に作業をする職人にたどり着くまでに多くの会社・子会社・下請け業者を通すことになる。

間に4~5社入っていることも珍しくはない。

多くの会社を介する事によって発生した人件費や手数料が、上乗せされているのだ。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]やっぱりハウスメーカーから紹介される外構業者は高いんですね。[/speech_bubble]

なので、小さな工務店、職人さんに直接依頼すると、50~100万は安く済む。

地域や依頼先の状況によっては、もっと安くなることもw

職人さんが結構な額を上乗せした見積書を作ってきたとしても、途中でかかる経費が少ない分、ハウスメーカーに依頼するよりも安くなる事が多のだ。

しかし、建築関係者に知り合いでもいない限り、誰に頼めば丁寧に仕上げてくれるのかを見極めることは不可能だ。

突貫工事でもされてしまっては、折角の庭が台無しだ。

そういった心配がない分、ハウスメーカーの見積もりが高く設定されていると言っても良い。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]つまり、ハウスメーカー提携の外構業者は高いけど、それは安心を買っているということですね。[/speech_bubble]

また、良いハウスメーカーはアフターサービスもしっかりしている。

満足のいく仕上がりを望むのであれば、多少高くなってもハウスメーカーに依頼するのが賢い選択だ。

諸経費とは?

Estimate

たいていの見積書には「諸経費」という項目がある。

ハウスメーカーに依頼すると、ここが一番高くなりやすい部分だ。

数十万もする諸経費とは一体何にかかるお金なのか?

 

それは、工事には直接関わりのない経費である。

 

ハウスメーカーの利益、現場や工務店・職人・作業を管理するための現場管理費、ハウスメーカー・工務店・現場を繋ぐ庶務連絡などの本社管理費が含まれており、その多くの部分が人件費にあたる。

もちろん施工後のアフターサービスや保証など、施工主のために使われている経費もこの諸経費に入っているので、大手ハウスメーカーに依頼する以上仕方のない出費である。

 

なので『諸経費が高い=ボッタクリ』ではない

 

むしろ「勿体ない、払いたくない」と思うお客様心理から、極端に諸経費を安くしているハウスメーカーの方が注意が必要だ。

諸経費が安すぎる場合、お得感を出すために他の項目に分散させて隠していることがあるからだ。

こういうことをするメーカーは、追加工事が多かったり、アフターフォローがなっていなかったり、職人さんのレベルが低かったりと後悔のもとになる。

諸経費に疑問があれば、直接質問するのが手っ取り早い。

良いハウスメーカーは、基本的に見積書の項目が細かく、説明も丁寧だ。

突っ込まれたくない筈の諸経費について聞かれた時の説明の仕方や対応力で、良いハウスメーカーかどうかがわかる。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]諸経費ってなんだよ!ってあやしく思ってましたが、仕方のない費用なんですね。納得いく説明をしてくれる営業をみつけましょう。[/speech_bubble]

ちなみにハウスメーカーの坪単価は、職人の質のバロメーターにもなっているのをご存知だろうか?

坪単価が高いハウスメーカーは、作業中のチェック項目がとても細かく、作業する職人さんも選び抜かれていることが多いからだ。

職人さんは横のつながりを大切にしていて、仕事を紹介し合う。

坪単価が高い大手メーカーなどの仕事は、腕と人柄が良くなければ回さない。

なので、自然と大手には腕のいい職人さんが集まりやすくなるのだ。

外構工事の依頼先は、自分の予算と坪単価をすり合わせた上で、担当者の対応力で決めると失敗が少ない。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]なるほど。坪単価が高いのはやっぱりそれなりの質を保証するためなんですね。100%とはいえないでしょうが、良いものが手に入る確率が高くなるということですね。[/speech_bubble]

出来るだけ安く且つ満足いく仕上がりにするために

moving

ハウスメーカーに外構工事を依頼しても、金額を抑えつつ満足のいく仕上がりにすることはできる。

 

それは、はっきりと優先順位をつけることだ。

 

土地選びの段階では、何となくの希望・要望でも構わない。

しかし、ハウスメーカー側で仮の図面や見積もりを出してくる前に、自分たちの理想のエクステリアを出来るだけ具体的に思い描いておいて欲しい。

そうすることで、無駄な出費を抑えやすくなる。

例えば、夕飯の献立を決めてから買い物に行く方が、漠然としたままセール品や欲しいものを買ってしまった時よりも出費が少ないのと同じw

 

外構工事において、高額なのがアルミ製品コンクリート工事だ。

これらは元々の材料費が高いので、欲を出しすぎると合計金額も上がる。

アルミ製品にはフェンス・門扉・システム門柱・デッキなどがある。

中でもデッキは元々の質量が大きので、高額になりやすい。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]アルミか、、確かに外構業者のウッドデッキはべらぼうに高かった。一条工務店なら半額以下で設置してもらえた。[/speech_bubble]

アルミが多く使われているモノほど高価になるので、優先順位をつけやすいはずだ。

見た目が似ていても、素材やメーカーが違うだけで金額が変わったりすることもよくある。

よく調べてから決めるようにすると良い。

まとめ

Summary

いかがだっただろうか?

さすがに事情をよく知っている。

職人の質や業界のルールなど、実際に経験したことがないとわからない情報を多くいただいた。

とにかく安く済ませるなら、個人で外構業者に依頼したほうがいい。

しかし、それはクジ引き的な要素を含んでおり、当たり外れが大きい。

かといって、何のつてもなければ対応のしようもない。

なんだかんだいって、横のつながりは大切なのだ。

我が家の場合、普段はヘーベルハウスの外構工事を受けている業者に見積もりを頼んだこともある。

これは、一条工務店仲間からの紹介だった。

ヘーベルハウスという時点でかなりの安心感がある。

そういったパイプがない場合、価格は高くなるが素直にハウスメーカーの紹介を受けたほうがいいのかもしれない。

無駄に高いわけでもないようなので。

一条工務店提携の外構業者は2社の見積もりをもらった。

もう1社の記事も書いているので参考にしてほしい。

関連記事:一条工務店提携の外構。施工例は良いけど、560万円の見積もり。

ハウスメーカーを使わず直に外構業者に見積もりを依頼したこともある。

関連記事:一条工務店提携の外構見積もりは高すぎたので、個人的に探してみた。

-エクステリア

Copyright© 一条工務店アイスマートを建てる! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.