性能・評判

一条工務店は食洗機が標準装備。食洗機って時短だし、節水だね。

更新日:

Living

この記事は クラウドソーシング「ランサーズ」 に依頼して作成されたものです。

手洗いに時間を奪われてませんか?

Dishwasher

食洗器を使用するのに抵抗がある人、そして、食洗器のような便利なものがあったら使用してみたい人に分かれるところだ。

事実、食洗器を使用することでのエネルギー費用を調査すると、コスト面ですぐれているといううわさはあるが、いまいち市民につたわっていない感が多い。

だが、食洗器を使うという一番の理由は、これにある。

つまり、手で食器を洗う事の時間の節約。これである。

食洗器に食器をつっこんでおくだけで、あとは自動。乾燥まで出来るのであれば、主婦の時間は大幅に削減できる。

このような便利なものを使わない手はないといったところではあるが、食洗器に関しては、ビルドインタイプというものがあり、ビルドインとは、シンクにあらかじめ設置されたという意味なのである。

つまり、新築の家にあるシンクの一部が、はじめから、スライド式のビルドイン食洗器として、機能できることに大きな利点があるのだ。

先述したコスト面で、電気代や水流の量により、さまざまな食洗器があるのは確かだが、先進技術によってそのコスト費用の削減はずいぶん進んでいるらしい。

食器洗い乾燥機の種類 食洗器のタイプ

Dishwasher

食洗器というのは、ビルドインタイプがあるといったが、シンクの上面につけるタイプのものもある。

ビルドインは、シンクの一部を改造してアフター施工で備え付けるタイプがあり、また、ビルドインにははじめからシステムキッチンに備え付けられたものがあるのだ。

それは、新築の家に入ったとたん、電気と水が来ていれば、すぐに使用できるものである。システムキッチンとは主婦のドリームであるので、このような新築の家に済んでみたいという気心もわかる。

はたして、食洗器を使用することでの、メリットやデメリットはなにがあるのか、深く検証してみることにする。

そのまえに、シンク上面設置型があり、ビルドインには改修工事によって設置するタイプと、システムキッチンとして注文住宅の内設備としてはじめからあるものがあると説明した。

食洗器の内容としてのタイプは、その食洗器の水流のホットな温度がある場合、その洗浄のパワーの違いというものがある。

温水で洗うために通常の油汚れでも、洗剤の投入によりみちがえるようにきれいになる。その程度はやはり食洗器メーカーの違いはある。

食洗器の基本的な使い方 

Dishwasher

食洗器の基本的な使い方は、食後に皿を片付ける際に、適度に大きな残飯をとりのぞいて、細かなフォーク類は別件で洗うというのが通常だ。

また、軽すぎるプラスチック皿の小型のものは、あえて控えるように説明書きの有る食洗器もある。

ある程度の大きな残飯を取り除いた皿を、食洗器のスライド収納に入れ込んでスイッチを押すだけ。適量の洗剤残量も重要な事だ。

そして、時間がたってみると、温水で洗われた強力な洗浄効果により、また温風により乾燥まで行われて、スイッチを押した本人は、別の余暇を過ごしたり、外に行って、買い物をしてきてもいいという優れものになっている。

つまり、家庭生活における、家事という作業の時短を促し、ほかの作業をしていてもいいという、主婦にとってはリラックスされた時間を過ごせるもの。

食洗器の質にもよるが、その洗浄速度もメーカーによって違う。ビルドインでは初めから食洗器がついているが、注文住宅の面談の際に、メーカーの指定を注文者が行えば、その指定のメーカーの食洗器が手に入るだろう。もちろんシステムキッチンメーカーのものでもよい。

メリットとしての食洗器

merit-and-demerit

食洗器のメリットは、圧倒的に主婦作業の時短にある。

このために、一度手に入れると手放せなくなってしまう注文住宅のメリットがあるものだ。

他のメリットとしては、実は、だらだらと水を出しっぱなしにして、食器洗いを手でするよりも水道費用がかさまなくて済むというデータもある。

つまり、最新式の水流は、食洗器のなかでサイクルとして、ジェット洗浄をするので、キッチンに立ち手で皿を洗うよりも、水道代の節約になるというはなしがある。

他には、電気代としても省エネタイプというものがあり、節電機能がついているすぐれものもあるのだ。

なまじっか、食洗器というものを毛嫌いする必要のないことが、現代技術の進歩によってわかる。

また、メリットとして、洗浄と乾燥の途中で、高温の水流がある場合は、その滅菌効果が高いという事で知られていて、とくに小さなお子さんのいる家庭では安心して、その熱量によって滅菌された皿を使用し、更に料理を作ることが出来るという安心・衛星の面があるのだ。

昨今の食洗器はとても進歩しているので、きれいなキッチンが可能になる。

デメリットとしての食洗器

merit-and-demerit

食洗器のデメリットは、つまり、その食洗器により皿はきれいになるのだが、食洗器自体を洗うのが面倒という説がある。

食洗器の中につまるごみ類は、食べ残しのものや、ちいさなごみが目立つのであるが、そこの方にたまる、食洗器の残留ごみをほぼ毎回取り出した方がよいということだ。

これができないために、食洗器の衛生基準を守り切れてない家庭が多いのかもしれない。

食洗器の基準はその温水と洗剤による滅菌効果のことになるのだが、いつまでも残留ごみの残る食洗器では、その衛生上の問題が完璧にクリアされているとはいいがたい状況になる。

つまり、食洗器の手入れ自体にその使用者のほどもあるが、デメリットが目立ってしまうケースもあるのだ。食器を洗う食洗器だけに、毎回の食洗器内部の掃除が必要なのは、慣れてしまえば、楽な作業なのだが、ついついそのままにしてというかたちで、食洗器の老朽化をも招いてしまう結果となりかねない。

もちろん、メーカーによる修理対応も可能になるが、あらかじめビルドインで設置された食洗器をもう少し大事に使用してほしい。.

賢い使い方食洗器

Dishwasher

食洗器の賢い使用法としては、その洗うスピードを短縮するために、油汚れがべっとりついた鍋などは、洗剤と水を垂らしたり、スチールウールでざっとぬぐっておくことが求められる。

こびりついた鍋汚れなどは、不適応という表示のある食洗器もある。なので、ざっとべっとり油や、焦げ付きなどは取り除いておく必要がある。

それをやっておくことで、さらに食洗器による時短は可能というかたちだ。また、つまようじなど皿に置かれていたものはかならず取っておいた方がよいという、食洗器もあり、内部にごみとして滞留するものは、洗う前に全部取り除いておく必要がある。

そして、その食洗器のコストを下げるために、皿がいっぱいになってから、食洗器を回すという手法も省エネには効果的となる。

水流をいっぱい使用する食洗器に皿一枚ではお湯がもったいないだろう。また、洗剤の量としても、一回で大量の皿を洗えるほうが便利である。

なので、家庭で朝昼すこししか洗う皿が出なければ、夜一回で済み、また次の朝から、セットしておけば便利なことになる。セットした分だけシンクには汚れた皿を放置しなくてよいのだ。

食洗器のまとめ

Summary

食洗器のまとめとして、食洗器はよいもかどうかという議論はよくある。

だがこれは、昭和時代から繰り返されてきたはなしで、はたして炊飯器は良いものかどうかという議論もあった。

そして、洗濯機はどうなのか。という議論。

つまり主婦に洗濯機はよいものかどうかという議論である。現代では、家庭内において必要不可欠ものであるが、かつて昭和時代には、掃除機は主婦にとってよいものかどうかという、古い議論があった。

そして、食洗器の今の時代、高温にするための電気代や、水流の無駄づかいという点で、コスト面が大きく叫ばれていた時代は、今やむかしのものとなりつつある。

これで、使用しない手はないと、昨今の注文住宅におけるシステムキッチンでは、ほぼほとんど人が注文する標準装備となっているようだ。

よいかわるいかというよりも、現代技術を利用した食洗器を使用するユーザーの間では、これ以外にはありえない。といった感想も聞かれることだ。

また、手荒れを防止するため、皮膚に疾病のある人にとっては、なくてはならない存在になる食洗器となっている。

-性能・評判

Copyright© トス屋 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.