エクステリア

560万円!一条工務店提携の外構(エクステリア)。施工例は良いけど、、

更新日:

Exterior

この記事は クラウドソーシング「ランサーズ」 に依頼して作成されたものに、トス屋が加筆、修正したものです。

我が家のスペック

下の表は我が家のスペックです。

ハウスメーカー 一条工務店
タイプ i-smart Ⅱ
階層 平屋
建築面積 約33坪
坪単価(建物本体) 約65万円
太陽光パネル 18.69kW

平屋にしたので大容量のソーラーパネルを搭載しています。

我が家の間取り

下の図は我が家の間取りと土地の概略です。

House-drawing

外構工事の記事を書きたいけど、、

Exterior

我が家は一条工務店で家を建てた。

ハウスメーカーで家を建てれば、必ずお抱えの外構業者を勧められるだろう。

我が家も2社紹介されて、見積もりをもらった。

しかし、その見積もりを見てもチンプンカンプンw

聞きたことのない単語ばかりで、それが高いのか?安いのか?まったくわからない。

しかも、同じような施工なのに、2社の見積額が100万円近く違ったりする。

ブロガーとして外構工事の記事も書きたいところなのだが、手を出せずにいた。

 

そこで目を付けたのが クラウドソーシング「ランサーズ」だ。

 

ランサーズでは、様々なスキルや経験を持った方に記事を書いてもらうことができる。

今回、外構工事についての見積もりを評価して頂いたのは、現場経験5年の方だ。

やはり、専門家目線は納得のいく内容だった。

私のブログにマッチするように加筆、修正はしているが、意図は外さないようにしている。

今回の記事は一条工務店提携の外構業者だ。ぜひとも参考にしてほしい。

 

それではご覧ください。

外構工事平面図の解説

Exterior

完成予想図

 

Exterior

平面図

 

「デザイン重視で差別化を図っている」

 

こちらの平面図・完成予想図を見て、一番先に感じた点だ。

だからこそ費用が高くなっているとも言える。

この図面の中には、アプローチと呼ばれる玄関と道路を繋ぐオシャレな通路が作られている。

Exterior

このアプローチは、インターロッキングという通路専用のレンガのようなものでできている。

インターロッキングは15~30㎝角の物が多く、それらを1つずつ手作業で並べていくので手間と材料費がかかるものだ。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]なるほど。確かにほかの外構業者とちがって、オシャレに見えた。でも、このアプローチ(インターロッキング)に30万円ちかい費用がかかってる。[/speech_bubble]

さらに、この図面のような施工の場合、アプローチの上を車が通る可能性が出てくる。

インターロッキングを並べる前に、下地のコンクリートを流し込んで強度を強くしておく必要がある。

車が乗り上げる可能性が全くない場所にアプローチを作る場合、転圧した砕石とから練りで下地を作っておけば十分だ。コンクリートを流す必要はない。

 

から練り

から練りとは、左官用語で砂とセメントを一定の割合で混ぜ合わせたものだ。これに水を混ぜるとモルタルというコンクリートから砂利を除いたものとなる。

 

アプローチは必ず必要な物ではないが、これがあると一気にオシャレ度が増して、見栄えが良くなる。

最近の外構は「こだわりの庭」「オシャレな庭」への傾向が強い。

その場合、大抵このアプローチが作られており、雑誌などにもよく掲載されている。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]一条工務店を選ぶ施主にオシャレを追求する人はいるんだろうか?どう考えても性能重視の理系オタクw[/speech_bubble]

土間コンクリートは、大きなコンクリートを仕切って間に砂利を敷き詰める枠抜きというものが採用され、現代的なデザインだ。

この枠抜きで、等間隔に見えるようにコンクリートに線を入れることで、更に見栄えを良くし、縦の直線を強調することで奥行きを出している。

 

だが、この枠抜きはあくまでデザイン重視だ。

 

枠抜き本来の役割「ひび割れ防止」を果たすだけなら、この半分で十分だ。

問題となるのが耐荷重量だ。

この枠抜きが細かいと、上からの負荷により沈むことがある。

引越し業者や宅配業者などの大型トラックには注意である。

大型車が乗り入れる可能性のある道路との境目のコンクリートだけでも、枠抜きを減らしてコンクリートを大きくするか、厚くしておいたほうがいい。

やはり、土間コンクリートは一つ一つが小さく区切られすぎてしまうと、強度が弱くなる。

一般の方は『コンクリート=硬い』と思っているが、コンクリートは案外簡単に割れる。

特に端。テコの原理を使ってハンマーで叩けば、女性でも割ることが出来てしまう。

この図面の土間コンクリートには、そんな「端」が沢山あると思ってもらえれば、大型車が入れないということが理解できるだろう。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]コンクリートとひび割れ、地盤沈下はセットで考えておかないとなんだな。[/speech_bubble]

また、この枠抜きは数年後にコンクリートで埋めてしまう人が多い。

 

草が生えるのだ。

 

コンクリートとコンクリートの間に入れられている砂利の下は基本的に土なので、暖かくなってくると草が生えてくる。

初めの1~2年は、小さな草が生えてくるだけのことが多い。軽く引っ張ればすぐに抜ける。

しかし、何年か経つと草の根がコンクリートの下にまで回ってしまい、強く大きく育つようになる。

皮肉なことに、敷き詰められた砂利が邪魔をして、上手く草が抜けなくなってしまう。

草抜きに嫌気がさした結果、後から枠抜きの穴をコンクリートで埋める方が多いのだ。

だが、後からだと追加でお金はかかるし、仕上がりも汚く見えてしまうので要注意だ。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]クサー!これだけはアカン。うちは土ゼロ、植物ゼロの庭を目指しており、自然と戦うなんて無謀な挑戦はしたくないのですw[/speech_bubble]

なので、祖父母と同居で庭の手入れをしてもらえる、奥さんに庭の手入れをする時間の余裕がある、旦那さんが休みの度に庭の手入れを出来る、これらの条件がなければ枠抜きはやらないほうがいい。

共働きで毎日忙しく動き回っているご夫婦、子育て真っ最中のご家族は喧嘩の元になってしまうかもしれないw

見積もりの解説

Exterior

 

「高い」

 

見積書を見た率直な感想だ。

正直、ハウスメーカー提携の外構業者という事を差し引いても高い。

この工事内容で560万かけるのであれば、同じ金額で一般の工務店に直接依頼すれば物凄く豪華な庭ができる。

では、何が原因でここまで高くなってしまったのか?

要因は4つある。

 

高額見積もりの要因

上乗せ分
デザイン重視の不必要な工事
製品代金
諸経費

 

上乗せ分

まず上乗せされている分。

この上乗せは、ハウスメーカー提携の外構業者であれば大体やっている。

なので、この見積書の中でもほとんどの項目が少しずつ高い。

厄介なのは目立たず、わかりにくい点だ。

しかし、この見積もりにはわかりやすい程、多く上乗せされている項目が2つあった。

Exterior

 

土工事と基礎工事だ。

 

土工事は残土が実際にどれくらい出るのかによっても金額が変わる。

基礎工事は土地の高低差のよって、ブロックの積み上げる段数が変わる。それによって、必要な鉄筋の本数が変わってくるので金額も変わる。

 

鉄筋

鉄筋とは、ブロックを積む下地となる基礎コンクリートの中に埋め込んだり、基礎コンクリートとブロックをつなげたり、ブロック同士をつなげたりして強度を出すためのものだ。

 

今回の見積もりでは、5.5m単位で金額が出されている。なので、ブロックを積む高さと距離によっても金額が変わってくる。

だが、これらの変動分を差し引いいたとしても、土工事と基礎工事には多く上乗せされているのが明らかである。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]なんてことだ、、、こんなの素人じゃわかるわけがない。回避不能のぼったくりかいw[/speech_bubble]

デザイン重視の不必要な工事と製品代金

次はデザイン重視の不必要な工事製品代金だ。

デザインが良く、見栄えが良いからといって、それは必須工事ではない。

製品に関しても、見栄えを良くするために施工を依頼すれば、その一つ一つに取り付け工賃がかかってくる。

これらは、本当に必要なものなのかどうか吟味しながら削る必要がある。

製品の値段と見栄えを天秤にかけながら安いものに変えていくと、かなりの削減ができる。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]このあたりも素人にはかなり厳しい。外構業者はハウスメーカーほど丁寧に説明はしてくれない。それに、余力がなかった。家のほうだけで手いっぱいになるのだ。[/speech_bubble]

例えばアプローチを作るかどうか、枠抜きをするかどうかだけでも、10~30万は変わってくる。

土間コンクリートも高額商品なので、本当に必要な範囲に絞ると大幅に安くなる。

Exterior

門柱は値段がピンきりだ。安いものは2~3万だが、今回の見積もりは7万以上もかかっている。アクセントポールはただの飾りに過ぎず、もっとお手頃な金額のものもある。

フェンスや手すりも同様で、メーカーや仕様を少し変えるだけで金額は大きく変わる。

ぜひ、オススメされた商品以外の物を、カタログやHPで探してみて欲しい。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]安く良いものを手に入れるには、やはり自分で動くしかないんだなw[/speech_bubble]

Exterior

製品の中でも一番高い金額で書かれているのがウッドデッキだ。

しかし、これもメーカーや仕様を変えれば、10~20万程度で済ませることもできる。

ウッドデッキ用のフェンスが特に高いので、必要ないのであれば、フェンスは付けない方がいい。

[speech_bubble type="fb" subtype="L1" icon="tosuya.PNG" name="トス屋"]ウッドデッキの見積もりにはビビった、、結局は一条工務店のオプションでつけてもらった。フェンスはないが30万円かからず設置できた。[/speech_bubble]

これらを地道に削っていけば、合計金額も500前半~400万後半程になるのではないだろうか。

諸経費

最後は諸経費だ。

諸経費は、工事と直接関係の無い所で発生したお金の事だ。

大手ハウスメーカー経由で外構工事を依頼すると、発生してしまうお金である。

 

諸経費の中身
  • ハウスメーカーの利益
  • ハウスメーカーに属する担当者が現場や工務店・職人・作業を管理するための現場管理費
  • ハウスメーカー・工務店・現場を繋ぐ庶務連絡などの本社管理費

 

多くの部分は人件費だ。

もちろん、施工後のアフターサービスや保証など、施工主のために使われる経費も含まれる。

なので、大手ハウスメーカーに依頼する以上、仕方のない費用だと思ってほしい。

Exterior

 

だが、それを加味してもこの諸経費55万は高い。

 

もし、先程の削減をした上でこの諸経費が無ければ450万程度の見積もり金額になるだけに惜しい。

というのも、今回の施工例を見るととても丁寧クオリティが高いのだ。

同業者目線で見ても、ここまで綺麗に仕上げる職人さんは正直少ない。

まとめ

Summary

いかがだっただろうか?

専門家の目線で見ると、見えないところの上乗せがかなりあることがわかった。

問題なのは『素人にはわからない』という点だ。

家の情報と違い、外構の情報は少ない。

なので、見積もりは何社もとって、見比べながら交渉していくしかなさそうだ。

 

余談ですが、この560万円の見積もり。最終的にいくらまで下がったと思いますか?
近日中に、記事にしますねw
もちろんコンクリートを減らしたり、ウッドデッキを一条でお願いしたりと、削る作業はしました。ですが、ここまで値下げできるとは、、、

 

製品の比較については、カタログをもらえば対応できそうだ。

一条工務店提携の外構業者は2社の見積もりをもらった。

もう1社の記事も書いているので参考にしてほしい。

関連記事:一条工務店の外構費用は高い?施工例、見積もりを分析してもらった。

ハウスメーカーを使わず直に外構業者に見積もりを依頼したこともある。

関連記事:一条工務店提携の外構見積もりは高すぎたので、個人的に探してみた。

-エクステリア

Copyright© 一条工務店アイスマートを建てる! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.