【絶対に参加するべき!】一条工務店の工場見学に参加してみた

役に立ったらシェアしてね

スポンサーリンク

我が家のスペック

下の表は我が家のスペックです。

ハウスメーカー 一条工務店
タイプ i-smart Ⅱ
階層 平屋
建築面積 約33坪
坪単価(建物本体) 約65万円
太陽光パネル 18.69kW

平屋にしたので大容量のソーラーパネルを搭載しています。

我が家の間取り

下の図は我が家の間取りと土地の概略です。

House-drawing

一条工務店の工場見学

factory

一条工務店では、月に1回くらいのペースで工場見学を開催しています。

何回か営業マンとコンタクトをとると必ず勧められます。

もちろん無料で参加できますし、家の性能を実際に見ることができます。いくら説明を受けても、やはりそれは机上での話です。『百聞は一見に如かず』とはよく言ったもので、実際のモノに触れ、体感するというのは一番理解が深まります。

工場見学の流れ

工場見学は1日がかりでの参加となります。大人だけならいいのですが、子連れで参加すると相当な体力を消耗します。覚悟して参加してください。

工場見学の流れ
  • 08:00 住宅展示場集合
  • 10:00 工場到着(その後は見学)
  • 12:00 昼食(その後は見学)
  • 14:00 抽選会
  • 17:00 住宅展示場到着

どのようなモノを見学できるのか

具体的には以下のモノを見学して、説明を受けました。

見学してきたもの
  • 太陽光パネル(夢発電システム)
  • ロスガード90(セントラル熱交換換気システム)
  • 床暖房・高断熱構造・高機能樹脂サッシ
  • 地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)
  • 耐震・免震
  • 加圧注入式防腐防蟻処理

それぞれについて紹介していきます。

太陽光パネル(夢発電システム)

solar-panel

一条工務店の太陽光パネルは変わっています。屋根一体型の太陽光パネルです。

文字通り太陽光パネルが屋根の役割も果たします。火災保険でも屋根部材の扱いとなります。

屋根なので取り外してのメンテナンスは不要です。そして端から端まで太陽光パネルなので無駄なスペースがありません。

大容量の太陽光パネルを搭載できるのですが、その分価格もかなり高いです。我が家の場合、太陽光パネルだけで530万円かかりました。ソーラーカーポートも作ろうか迷っていたのですが、価格の都合で諦めました。

価格を抑えるため、太陽光パネルに似せたダミーパネルというものも存在するようです。

一条工務店が初期費用を全て負担する『夢発電システム』というプランもあります。売電利益で返済していくシステムです。

リスクとしては住宅ローンではないので団信の対象にならない点、金利が1.4%と高い点です。

ロスガード90(セントラル熱交換換気システム)

ventilation

ロスガードは24時間可動し、家の内外の空気を入れ替えます。

空気の入れ替えのために窓を開けると、室内の快適な温度はどんどん外気にさらされます。ロスガードは熱交換機能があるのでその点を解消してくれます。

100%温度を保つ事は出来ませんが、冬場90%以上、夏場71%の熱交換率との実績があります。

また吸気口には花粉除去率98%のフィルターが付いています。実際にどれくらい除去できるかを見学することができました。

床暖房・高断熱構造・高機能樹脂サッシ

Floor-heating

寒い空間に一条の建物が設置されており、床暖房や窓の性能など体験できます。このあたりは理系心をくすぐる内容で面白かったです。やはり実験は楽しい。
 
外気は4℃に設定されていました。室内は約25℃です。一条工務店の建物と他社の建物が用意されていました。
 
まずは他社の建物に入ります。室内には床、中段、天井と温度計が設置されておりデジタルで表示されています。暖房設備は床暖房とエアコンでした。
 
床と天井で温度差が6℃ほどありました。また、窓は凍るように冷たく、結露しています。床暖房は暖かいのですが、部屋の端までは配管が通っておらず、壁に寄りかかると床が冷たいです。そして、エアコンの送風は喉を痛めます。
 
続いて、一条工務店の建物に入ります。暖房設備は床暖房のみです。温度計を確認すると床と天井の温度差は1度以内でした。エアコンはないので風を感じることもありません。
 
床暖房は壁ギリギリまで配管されており、隅々まで暖かかったです。窓は樹脂のため触っても辛いような冷たさはなく、結露もしていませんでした。

地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)

ground

家を建てる前に、建てられる土地なのかを調べる必要があります。ただ穴掘るだけではなく様々な観点から調査してくれます。

まずは地形を表す地名を調べてもらいます。地名の起源は地形を由来とするものが多く存在します。例えば『沢』は崩崖、『砂』は干潟などです。

続いてその地域の高低差を調べ、古地図と比較します。古地図と現在の地図が異なっている場合は注意が必要となります。

最終的にその土地の種類を断定します。例えば『三角州』『台地』『扇状地』などです。

昨今話題の液状化の検証もしてもらえます。

実際に地盤を掘るのは4箇所です。岩盤に当たるところまでの深さを計測します。軟弱地盤が厚く、岩盤までの深さがある場合は地盤補強工事が必要となります。

一条工務店では地盤調査を無料で実施しています。一条工務店としても、土地の情報を得られるのでメリットがあるためです。

耐震・免震

earthquake

地震体験装置が設置されていました。装置は2つあり、1つは耐震体験、もう1つは免震体験です。耐震装置はイベントなどでよく見かけるものでした。

免震のスゴさには驚かされました。震度7でもテーブルの上に置いたモノが落ないのです。揺れを相当軽減できていました。しかし、オプション価格もかなり高額なようで、実際に注文する方はあまりいないと言っていました。

加圧注入式防腐防蟻処理

工場内ではシロアリを飼っており、食い荒らされた木材を見せてもらいました。自分の家でやられる事を考えると恐ろしいものです。

一条工務店では標準装備で、木材に防腐処理をしています。薬剤は塩化ベンザルコニウムと酸化同です。

塩化ベンザルコニウムは人粘膜にも使用可能な消毒薬です。医療機関でも使用されています。ウイルスには効果はありませんが、一般細菌であれば殺菌することが可能です。銭湯などの消毒にも用いられています。

銅も同様に殺菌・消毒効果があります。シンクに10円玉を入れるとヌメリが軽減するのはこの効果です。

上記2つの薬剤を木材深部にまで加圧注入することで、75年以上の防腐・防蟻効果を確認しているそうです。

おもてなしの数々

Welcome

当然ですが、工場を見学する事だけを目的にしていては、なかなかお客さんは参加してくれません。お客さんが参加したい!と思えるような、おもてなしが用意されています。

というか、こちらのほうがメインなのでは?と感じるくらい手をかけていたようにみえました。

工場見学で受けたおもてなしは以下のようなものでした。

数々のお・も・て・な・し
  • 無料送迎
  • 無料自販機
  • 昼食付き
  • 縁日
  • お土産
  • おもちゃ引換券
  • 抽選会

それぞれについて紹介していきます。

無料送迎

bus

展示場から工場までは専用のバスが用意されています。展示場からの出発となるので、8時に集合しなければなりませんでした。

3歳児と10ヶ月の2人を連れて参加したのですが、バス移動は自殺行為でした。もちろんお菓子やジュースは準備されています。しかし、いくらお菓子があろうと、ジュースがあろうと息子達は2時間も耐えられません。

通常であれば1時間程度で到着するのですが、見事に渋滞にハマってしまったのです。次男は立って抱っこしないと寝れませんし、長男は飽きて愚図っていました。

参加人数が多くバスを急遽2台にしたとの事で、うちの家族4人でで8席占領させてもらいました。バスの乗車人数が少なかったのが救いです。

それでも騒いで迷惑をかけていたと思います。

無料自販機

vending-machine

やっと工場に到着したのはいいのですが、すでにかなりの体力を消耗していました。さらに天候に恵まれず、強烈な雨が降っています。まるでスコールのように。
 
参加した事に少し後悔していました。
 
なんとか楽しい気分にしようと噂の自動販売機を探します。。
 
あった!
 
ボタン押し放題の無料自販機が要所要所に設置されていました。若干テンションを上げる事が出来ましたが、長男が見つけるたびに押すのでおしっこ地獄に付き合う羽目に。

昼食付き

lunch

お昼ご飯はお弁当を配布され、順番に席に着きます。我が家は子連れだった事もあり、1番最初に席に案内されました。

お弁当のグレードは1,000円くらいかな?

困ったのは大人用しかなかった点です。

長男は3歳なので、お子様ランチ的なお弁当があると助かりました。予想通り、あまり食べてはくれませんでした。

離乳食はありませんでした。

縁日

fair

工場内に縁日が開かれており、ジュースやお面などが無料で配られています。
 
息子はお面と風船をもらって、ひとまずご機嫌になりました。とても助かった点です。

お土産

一通り見学が終わると、お土産を頂きました。

山梨の工場見学に参加したので、ブドウジュース2瓶でした。他にもいくつかもらったのですが、、疲労がピークだったので忘れてしまいました。

おもちゃ引換券

お土産の他に子供達用に、オモチャ引換券を頂きました。
といっても、その場ですぐにオモチャと交換するのですが、子供にとっては券をもらった方が楽しいようでした。

抽選会

工場見学に参加する1番の目的は抽選会という方も多いです。当たりを引けば20〜30万円のオプションをつけてもらえるからです。
 
ガラガラを回して、大当たりなら7つのオプションから好きなものを選ぶ事ができます。私たちが狙っていたのはカップボードでした。
 
息子たちのぐずり対応におしっこ攻撃。疲労困ぱいでしたが、最後に息子と一緒にガラガラを回すと、、、なんと大当たりを引き当てました!!
 
今日1日の労働対価としては余り多いものを手に入れる事が出来ました。営業さんに聞いたところ、今回は25%で当たる確率だったようです。

工場見学に参加してみて感じたこと

私たちが工場見学に参加したのは2016年7月ごろでした。山梨県にある工場です。
けっこう色々な地域から参加者が集まっていました。
 
子連れだった事もあり、ものすごく疲れました。乳児と幼児を遊び以外で1日拘束するのは不可能です。もし面倒を見てくれる人がいるなら、絶対に預けた方がいいです。
 
かなり大変な工場見学だったわけですが、内容は充実したものでした。
 
私たちは夏に契約したので、冬の状況を確認する事が出来なかったのです。工場では人工的に真冬の環境を作り出し、そこで高断熱・高気密、床暖房、樹脂サッシを体感する事ができました。
 
これは一条工務店を選ぶ重要なファクターとなりました。
 
抽選会も魅力的でした。一条工務店は値引きを一切しません。そのため、お得なサービスを得るためには紹介制度かキャンペーンか抽選会くらいしかないのです。
 
たまたま我が家はカップボードが欲しかったので、抽選会に参加する価値はありました。それだけで20万円以上お得なのですから。
 
みなさんもぜひ参加してみてください。

portrait記事を書いた人

トス屋 

⇒プロフィール詳細

【絶対に参加するべき!】一条工務店の工場見学に参加してみた
この記事をお届けした
トス屋の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

役に立ったらシェアしてね

フォローする