一条工務店アイスマートを建てる!

トス屋

性能・評判

一条工務店の平屋|サーキューレーター5台で暑い夏を快適に過ごす

更新日:

一条工務店

https://tosuya1048.com

アクセスいただき、ありがとうございます!

自堕落に生きることに一生懸命なトス屋です(^^♪

 

一条工務店アイスマートの夏は快適なのか?

 

『結局暑いものは暑い』

『湿度まで考えて空調管理をすれば大丈夫』

 

どんなことしたって暑いんだよ!って人、湿度は・・・うんぬんって人に分かれる傾向があります。

正直、難しいことはやりたくないし、暑くて諦めるのも嫌です(^^;)自堕落な私はラクに快適な夏を過ごしたいのです。

そこで、今年の夏はサーキュレーターを3台買い増ししました。既存の扇風機と合わせで、合計で5台!

これだけあれば、面倒なことに頭を回さなくても快適な夏を過ごせるでしょう。

サーキュレーターと扇風機の違い

サーキュレーター:空気を循環させるための風を起こす
扇風機:人が涼をとるための風を起こす
引用:エネチェンジ

それぞれの役割は違います。サーキュレーターは直線的な風の流れを作り出すのに対し、扇風機は広範囲に風を届かせる役割があります。

平屋の空調管理には両方が必要です。

平屋の間取りは空調管理をしやすい

平屋のメリットは数多くありますが、そのうちの1つが【空調管理に強い】という点です。

2階建てでは、どうしても1階と2階の空調を分けて考える必要があります。階段だけの空間では、家全体の空気をうまく循環させることができません。

平屋の場合、廊下を少なくすることができます。(というか、坪数を減らさないのなら平屋のメリットは少ないです。)

廊下を少なくするという事は、部屋と部屋が直接つながるということです。つまり、廊下や階段という空間を隔てることなく、冷えた空気を隣の部屋に送り込めるのです。

他にも平屋のメリットはたくさんあります。詳しくはコチラをご覧ください▼

関連記事平屋のアイスマートのメリットと間取り(勾配天井も採用)

 

1部屋だけ送風では対応できず、2台目のエアコンを稼働

一条工務店これは我が家の全体図面です。オレンジはエアコン、赤はサーキュレーター、緑は扇風機の配置です。

我が家は平屋にしたうえに、省スペースをかなり意識きました。リビングを中心に部屋を配置しているので、廊下というべきものがほとんどありません。

夏場の空調管理は、基本的にエアコン1台です。あとはサーキュレーターで冷えた空気を循環させます。

 

  • ①のサーキューレーターは上下左右の首振りに設定します。リビングの空調はこれだけでOKでした。
  • ②の空調は妻と子供たちの寝室に冷えた空気を送り込みます。④の扇風機でそれを散らします。
  • ③のサーキュレーターは私の書斎に空気を送り込みます。

 

これだけで、家の70%は快適な温度となります。

残念だったのは私の寝室(右上)までは、空気を送り込めなかった点です。しかし、それは想定内でした。あらかじめエアコンを設置していたので、夜間だけはエアコンとサーキュレーターで快適に眠ることができました。

一条工務店

我が家はスマートライフプランですが、夏場の電気代は18,000円前後でした。特に節約を意識したことはありません。快適に過ごすことを優先させました。

住み始めた2月の電気代が突出しているのは、毎日浴室乾燥機を使ったためです。この頃はまだ電気代がどのくらいか感覚がありませんでした(^^;)

関連記事一条工務店へのクレームと自分たちの失敗~初月の電気代~

 

引っ越してからガス代がなくなったことを考えると、高いとも感じません。

サーキュレータの音はするけど、アイスマートの夏は快適だった

以上、サーキューレーター5台で暑い夏を快適に過ごすの紹介でした!

33坪の平屋ですが、空気の循環をしっかり行えば、エアコン1台でも70%は快適です。空気を送れない部屋は寝室だけなので、2台目のエアコン稼働は夜間だけで済みます。

電気代ばかりを気にして『暑い暑い』と過ごすのも本末転倒ですし、湿度計を何個も用意して空調を見張るのも疲れます。

それなら、サーキュレーターを買って空気を動かすだけのほうがラクちんで、私には合っているのでした(^^♪

ちょっと音はしますが、大きさ的にはエアコンの音とあまり変わりはありません。普通に生活して、うるさいと感じることはありませんでした。

参考までに『音』を紹介します。

-性能・評判

Copyright© トス屋 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.