ユニクロのカシミヤセーターを洗濯機でガシガシ洗ってみた

役に立ったらシェアしてね

スポンサーリンク
アドセンスリンク広告




ユニクロのカシミヤセーターを洗濯機で洗いたい

sunlight

カシミヤセーターを自宅で洗って干せたら気持ちがイイはずだ。

最近は色々なところで、カシミヤ素材のアイテムが手に入るようになった。

ユニクロでは、カシミヤセーターが定番となっている。

セールを狙えば、10,000円という安価で手に入れることも可能だ。

そんなカシミヤセーターだが、シーズンが終わったらどうしているだろうか?

ちゃんとクリーニングしておけば、来シーズンもキレイに着ることができる。

それをサボると、皮脂汚れが酸化して黄ばみや臭いの原因となってしまう。

それは分かっているのだが、シーズン毎の手入れが必要なのはカシミヤセーターだけではない。

全アイテムをクリーニングに出していては、クリーニング代がバカにならない。

そこで、家で手入れ出来るものは、可能な限りホームクリーニングすることにしている。

だが、いくらユニクロで安価といっても、10,000円するカシミヤセーターを洗濯機で洗うのには抵抗があった。

しかし、それではいつまでたっても結果は得られない。

そこで、思い切って実験してみることにした。

他にもいくつかホームクリーニングを試しているので、参考にしてもらいたい。

関連記事:ウルトラライトダウンを洗濯したらクリーニングよりもふんわりした

関連記事:ユニクロのセーター(ウール)を手洗いと洗濯機で比較してみた

そんなわけで、ユニクロのカシミヤセーターを自宅でガシガシ洗濯しちゃったよ。

ユニクロのカシミヤセーターのスペックと洗濯表示

スペック

以下、今回洗濯したユニクロのカシミヤセーターのスペックだ。

Washing

スペック
  • 素材:カシミヤ100%
  • 色:白
  • 価格:約10,000円
  • サイズ:M
  • 製造国:カンボジア
  • 購入店:ユニクロ実店舗

2015年に購入したセーターだ。購入したシーズンは週1回ほど着ていた。

しかし、翌シーズン以降は着ていない。

せっかく買ったのだが、幼児を育てているうちは着る機会がほとんどなかった。

色が白だし、素材がカシミヤなので簡単に汚されてはたまらないw

Washing

洗濯表示
  • 家庭洗濯✖
  • 漂白✖
  • アイロン✖
  • ドライクリーニング○

うゎ、、ドライクリーニング以外は禁止の表示だ。

今回は手洗いすらせず、洗濯機でガンガン洗うつもりだけどw

ネットも使わない。

だって、そうじゃないと意味がないから。

毎回手洗いなんで面倒くさいし、子育て世代にそんな時間を確保するのは不可能だ。

セーターをダメにする覚悟でやってみよう。

洗濯前の状態と洗濯条件

洗濯前の状態

購入から3年は経過しているが、1シーズンしか着ていなかったので状態は良好。

Washing

折りジワはあるが、とてもキレイ。

Washing

後ろもキレイな状態だ。

Washing

裾のヨレも全くない。

Washing

袖口のヨレも全くない。

Washing

襟周りも全くヨレておらず、黄ばみなどの汚れもない。

当然といえば当然か。1シーズンしか着ておらず、そのシーズン終わりにはクリーニングに出した。

ダメージはほとんどないはずだ。

全体的に毛玉は少しできていた。

洗濯条件

以下、今回の洗濯の条件だ。

Washing

洗濯条件
  • 洗い15分
  • すすぎ2回
  • 脱水2分
  • デリケート洗い
  • 吊り干し・陰干し(送風あり)

今の洗濯機は良い。

セーター用の洗い方を、洗濯機が勝手にやってくれるんだから。

初めて使うから楽しみでもある。

しかし、私が選択したのはデリケート洗い

後から知ったのだが、これはランジェリーやストッキングなどを洗うときに使う機能だった、、セーターはおしゃれ着洗いだった。

せっかくの洗濯機の機能を活かしきれなかったが、丁寧に洗う点ではそんなに差は無いだろう。

だが、説明書をちゃんと読めばよかった、、

それでは洗濯機にセーターを入れちゃおう!

Washing

洗剤はこれを使った。

アクロンなんてオシャレなものはうちにはない。

セーターをいたわる気は全くないw

というか、普段から家にあるもので間に合わせられなきゃ楽はできない。

洗濯を開始して、待つこと40分、、

Washing

洗い上がりはこんな感じ。

全体的にちゃんと濡れており、水を弾いている部分はない。

ウールとは違うのかな?

前にウールのセーターを手洗いした時は、水を弾いてなかなか洗えなかった。

関連記事:ユニクロのセーター(ウール)を手洗いと洗濯機で比較してみた

Washing

比べるまでもなく、この時点で縮んだのがわかるw

Washing

袖口もガッツリ縮んでるなw

Washing

襟はあまり差がわからない。

洗濯前後の写真を比べてみた(脱水後)

Washing

お、完全に一回り小さくなってるじゃんか、、

Washing

裾の部分は範囲が広い分、顕著に縮みがわかる。

Washing

袖口もしっかり縮んでる。

Washing

襟も少し縮んだ。

吊り干し・陰干し(送風あり)

通常はセーターの変形を防ぐために平干しが望ましい。

だが、送風もするし、吊り干しの方が楽なのでやってみた。

やってみて大丈夫だったら儲けものだ。

Washing

裾の部分がすごくヨレヨレだなw

乾いたら全体の毛玉を処理する。

毛玉取り機はコンセント式のものをお勧めする。

少し値は張るが、キレイに毛玉が取れるし電池の管理が不要だ。

100円均一で売っているハンディタイプもあるが、やめた方がいい。

洗濯前後の写真を比べてみた(着用後)

カシミヤセーターは、洗濯の影響で相当縮むことが証明された。

だが、縮んでしまっても再度着用すれば元に戻るのでは?という考えがあった。

なので、洗濯後に1回着用した写真と比較してみることにする。

Washing

裾の方にかけて、少しヨレが残っている。だが、全体的には復活している。

Washing

ヨレはあるが、縮みはそんなにわからない。

Washing

袖口をみると、少し縮んでいることがわかる。

Washing

襟も縮みが残っている。

洗濯後に着用しても、縮みは残るという結果であった。

ただ、洗濯直後の縮みと比較すると、大幅に改善されることもわかった。

これを『ひどい縮みだ』または『これくらいなら洗濯でいいな』と捉えるのは、個人の感覚によるレベルと考える。

私の場合、このくらいなら絶対に洗濯機での洗濯を選ぶ。

着心地や肌触りに関しては差を感じなかった。

ユニクロのカシミヤセーターを洗濯してみた感想・評価

Summary

ユニクロのウールセーターを洗濯機で洗ったこともあるが、カシミヤセーターはそれ以上に縮むことがわかった。

今回は手洗いもせず、セーター用洗剤も使っていない。

ここを改善すれば、もっと良い結果が得られたかもしれない。

だが、そのためだけに洗剤を用意しても、余らせてしまうのでやらない。

私にとっては、それでも十分問題ない結果を得ることができた。

関連記事:ウルトラライトダウンを洗濯機とクリーニングで比較してみた

関連記事:ユニクロのセーター(ウール)を手洗いと洗濯機で比較してみた