アイスマート 一条工務店の平屋

一条工務店の情報ボックス|インターネット工事で光回線の引き込み

インターネット

https://tosuya1048.com

一条工務店では情報ボックスというモノがあります。インターネットに関連するパーツ(ルーター、モデム、LANケーブルなど)を、分電盤のようなケースの収納することが出来るアイテムです。壁上部に設置されるので、パソコン周りがスッキリしますし、見た目にもキレイです。

ですが、パソコン系の知識がない人にとっては、イマイチどのようなものなのか想像しにくいのも事実。

 

そこで今回は、インターネット工事で情報ボックスに光回線を引き込み、実際にインターネットを使えるようにするところまで解説していきます。

 

意外にもアナログな接続で成り立っているので、どなたでも問題なく使用することができるはずです。

一条工務店の情報ボックスとは?

インターネット

コチラは我が家に設置してある情報ボックスです。

一条工務店の情報ボックスはインターネット配線、テレビ配線、電話配線を一ヶ所に集約して、ボックス内に目隠しできるスグレモノです。

私が契約した2016年の時は25,500円のオプションでした。しかし、サンバーさんのブログを拝見したところ、現在は標準になっているようです▼

i-Smartお気に入り設備紹介-vol10《情報ボックス》

 

情報ボックスのサイズ

情報ボックスの大きさは縦37cm×横71cm×奥行き15cmです。ブレーカーにカバーをつけたようなものと考えてもらえればOKです。

インターネット

情報ボックス内には、カバーの支えがあります。両サイドに設置されているので、作業する時は利用してください。高さは2段階の調節ができます。

インターネット

内蓋には取り扱い方法も貼られています。

情報ボックスの中身(モデム、ルーター)

インターネット

上の画像は、情報ボックスの中を撮影したものです。

左側にコンセントが4つあります。現時点ではインターネット用のモデムルーターの電源として、2つ利用しています。

今後は電話の親機を設置する可能性がありますが、コンセントの数に問題はありません。必要な数が4つを超える時は、タコ足にして利用するつもりです。

インターネット光回線の引き込み工事

ネットについてよく理解していない私は、営業から情報ボックスの説明を受けても、展示場で実物を見ても、ちゃんとはわかっていませんでした。

実際に使ってみてやっと理解したので、使い方を含め仕組みを説明します。

インターネット

まずは、外の電線から壁を通して情報ボックス内までケーブルを引き込みます。よくいう『ネット工事』『引き込み工事』というやつです。

電線の状況によっては1~2週間くらいかかることもあります。また、屋根に雪が積もっていると作業を断られる場合もあります。

 

トス屋
我が家の場合、雪が積もっていたので、最初に工事業者が来てから実際に工事するまでに3週間もかかりました。

 

インターネット

これが外壁に付けられたケーブル用のパイプです。このオレンジのパイプが情報ボックスの中まで繋がっています。

意外だったのですが、インターネット工事っていうのは有線を使用した超アナログな仕組みでした。

インターネット

外部から情報ボックスに向かうパイプ、情報ボックスから各部屋に向かうLANケーブルは、天井裏にびっしり這わせてあります。

モデムとルーターの仕組み

インターネットを始めるには、光やケーブルテレビを利用します。我が家は光を契約したので、ネット開通までの仕組みを説明します。

インターネット

先ほど説明したように、外部からパイプを通してネット用のケーブルを引き込みます。

次に、そのケーブルをモデムに接続します。モデムはインターネットを契約した会社からレンタルしました。

続いて、モデムとルーターを接続します。我が家は無線LANも利用したかったので、その機能のついたルーターを買いました。

※機種は後述します。

最後に、ルーターとLANケーブルを接続すれば完成です。先ほどの天井裏の配線にあった水色のケーブルです。あれが各部屋のコンセントのLANまでつながっています。

ホントにアナログで驚きました。

 

ハブとは?

ハブは有線LANを分岐させる装置です。ハブ機能が無いルーターの場合、別途ハブを購入すればOKだと思います。

 

実際の写真で確認してみましょう。

インターネット

 

ケーブルの流れ

  1. 外部からのケーブル引き込み
  2. モデムへ接続
  3. ルーターへ接続
  4. LANケーブルへ接続
  5. 各部屋のコンセントへ

 

各部屋のLAN差込口とパソコンをLANケーブルで接続すれば、インターネットを利用することができます。

無線やネット、光などという言葉で分かりにくいですが、全てケーブルでつながっているのでした。

無線LANはちゃんと各部屋まで届く?

無線LAN対応のルーター&パソコンまたはスマホなどがあれば、LANケーブルに接続しなくてもネットを利用できます。

Floor plan

我が家の情報ボックスは、洗面・トイレのあたりに設置されています。一条工務店の壁は分厚いので心配でしたが、駐車場でも無線LANに接続できました。

私が購入したルーターなら、壁4枚は大丈夫という結果でした。

※家により条件が異なるので、100%つながるという保証はありません。

情報ボックスに対するクレーム・苦情

無線LANを全部屋で利用するために、家の中央に情報ボックスを設置しました。

しかし、勝手に寝室のクローゼット(家の端)に移動される事件がありました。

ブログで記事を書くために間取りを入念にチェックしていたので気が付くことができました。

 

インターネット
一条工務店へのクレーム|情報ボックスの位置が勝手に移動されていた

アクセスいただき、ありがとうございます! 自堕落に生きることに一生懸命なトス屋です(^^♪   あなたは『情報ボックス』を設置しましたか?   『LANの規格が変わったらどうするの ...

続きを見る

 

まとめ

以上、一条工務店の情報ボックス|インターネット工事で光回線の引き込みについての解説でした。

インターネット工事というとイメージしにくいですが、実際には有線で接続されたアナログな仕組みでした。

無料の見積もり・間取りプラン作成ツールを活用しよう!

私が一条工務店を選んだ理由は、以下の通りです。

 

トス屋
妻が建てたかったから・・・

 

もちろん後付けて『高気密・高断熱』『標準仕様の多さ』『全館床暖房』などが気に入ったから購入したんですけどね(^^;)

ですが、妻と一条の営業さんが密会を繰り返すうちに、我が家は他のハウスメーカーを見て回る雰囲気ではなくなりました。当時は次男が1歳だったということもあり、何社も回ることができなかったことも大きな理由です。

 

もっと無理してでもハウスメーカー巡りをしていたら、一条よりも安くて満足できるハウスメーカーや工務店に出会えたかもしれません。

 

しかし、今ならそんな苦労をしなくても、たった3分で『資金計画』『間取り図』『土地探し』をやってくれるサービスがあります。もちろん利用は全て無料です。さらにいうと『平屋』を専門に扱っていたりもします。

タウンライフ家づくりとは?

▼ 全てタダの家づくりツール ▼

【タウンライフ家づくり】は全国600社以上の優良企業から、あなたの条件に合った注文住宅会社を紹介してくれます。もちろん利用は無料。見積もりだけではなく、間取りプランの作成、土地探し、資金計画まで相談に乗ってくれるのが特徴です。

 

\ プロに任せれば安心 /

詳しいサービス内容を見てみる

家づくりの不安をすべて解消

 

最近では、注文住宅部門で『利用満足度』『知人に薦めたいサイト』『使いやすさ』でNo.となり、トリプルクラウンを達成したツールです。

 

タウンライフを利用して、月々6万円で大満足の注文住宅を建てた方の体験談もあります。

体験談を読んでみる

 

実は実際にタウンライフの社員さんとお会いして、サービスの内容を詳しく教えてもらう機会がありました。評判や実績、他サービスとの違いなどを紹介した記事を書いておりますので、ぜひ参考にしてみてください!

\ 口コミや評判をチェック /

タウンライフの紹介記事はコチラ

他のサービスとの比較もあるよ

 

-アイスマート, 一条工務店の平屋