ビジネスアイテム 筆記用具

パイロットの万年筆『カスタム74』のレビューと口コミ・評判

更新日:

万年筆

https://tosuya1048.com

あなたは万年筆を持っていますか?

 

『使い方が難しそう』

『高くて買えない』

 

このように悩んで購入を迷っている方は多いです。

確かに万年筆はボールペンと違って『ひと手間』がかかります。

 

ですが、難しいことはありません。

 

一度覚えてしまえば、使い方は簡単です。

価格に関してはピンキリです。ですが、初めから3万円もする高額な万年筆を購入する必要はありません。

 

日本の有名ブランドが販売している万年筆は、14金のペン先でも1万円以下で購入できます。

 

今は安価で高品質の万年筆が手に入る時代なのです。

今回は、初心者におすすめの『パイロットのカスタム74』について紹介していきます。

パイロットとは?

パイロットは、1,918年に創業した老舗の会社です。

『書きやすさ』にこだわり続けた万年筆は、時代を超えて愛され続けています。

 

パイロットの集大成ともいえるのが『カスタムシリーズ』です。

 

1,971年に発売されて以来、好みや用途に合わせて数多くのペン先を選ぶことがき、多くのファンがいます。

レビュー|パイロットの万年筆『カスタム74』

カスタム74の基本情報

カスタム74は、握りやすさにこだわった太めの軸が特徴です。

ペン先は14金を使用しています。

細字から太字まで、数多くの種類が用意されており、徹底的に使いやすさを追求したベーシックなモデルです。

 

基本スペック

  • 全長:142.8ミリ
  • 軸径:14.7ミリ
  • 重さ:17.4グラム
  • インクの吸引方式:両用式
  • ペン先:14金
  • ペン先の太さ:(細い)EF・F・SF・FM・SFM・M・SM・B・BB(太い)
  • 価格:10,000円
  • カラー:ブラック、ディープレッド、ダークブルー、ダークグリーン

 

今回は、ディープレッドのEFを購入しました。定価は10,000円ですが、Amazonなら7,000円台からあります。

カスタム74のレビュー

万年筆

手帳の色に合わせてディープレッドにしました。金色の装飾が、高級感を演出しています。

万年筆

サイズ感はピッタリです。キャップを後ろに付けることで、重さのバランスもちょうどいいですね。

パイロットにはキャップのない万年筆もあるのですが、バランス感はあまりよくありません。

ただ、ノック式なのでめちゃくちゃ便利ですけどね。

万年筆

キャップ部分のクリップには『PILOT』のブランドが刻印されています。

万年筆

手帳やメモ帳に文字を書くので、一番細いペン先にしました。

あて名書きなどが目的なら、M~の太さにしましょう。

万年筆

購入時には、カートリッジ式のインクが1本ついていました。

付け方はとても簡単で、万年筆をバラしたら差し込むだけです。

公式サイトに、インクセットの動画があります。

万年筆

ちょっとインクが染みやすい気がしました。手帳はコチラはダヴィンチを使用しています。

 

ダヴィンチの手帳のレビューと評判はコチラ▼

関連記事ダヴィンチの手帳の感想レビュー|口コミと評判のまとめ

 

紙は純正ではなく再生紙を使用しているので、染みやすいようです。

万年筆

ダヴィンチ純正の紙に書いてみたところ、透けますが染みることはありませんでした。

口コミ・評判

LAMYサファリのFニブを愛用していましたが、ほぼ日手帳に書き込むには線が太いため、こちらを購入しました。
ウォーターマンのミステリアスブルーで書き込んでいますが、ほぼ日手帳のグリッドに文字が潰れずに書き込めるため、大変重宝しています。
また、筆圧をかけずに書き込めるので、トモエリバーのような薄い紙でも凸凹にならない事は、万年筆の大きな利点だと思います。
引用:Amazon

美しい日本語を書きたいのであれば、カスタム74はコスパに優れた素晴らしい
万年筆だと思います。

※カスタム74自体の注意点
 私の場合は届いてすぐは非常にインクフローが悪く、買った当初は落胆しておりました。
 ただ、金ペンは使えば使うほど自分に合うように成長していくと聞いていたため、
 2か月ほど我慢していろいろと書きまくっていると非常に自分にあったペン先に育ちました。
引用:Amazon

コンバーターは使わない

今回は、コンバーターを買いませんでした。

コンバーターとは、万年筆にセットしてインクを吸引する部品です。

パイロットのキャップレスデシモを持っており、そちらはコンバーターを使っています。

当初はインクを吸引することが、万年筆の良さだと思っていました。

 

しかし、実際に使ってみるとけっこう手間がかかります。

 

そのため、カスタム74は、セットが楽なカートリッジ式を使用していく予定です。

 

私がコンバーターを手間に感じただけなので、楽しみたい方はぜひコンバーターを使ってください。

 

公式サイトに、コンバーターの吸引方法も紹介されています。

 

コンバーターを使用してみたキャップレスデシモについてはコチラ▼

関連記事パイロットの万年筆キャップレスデシモのレビュー(コンバーター式)

 

まとめ

以上、パイロットの万年筆『カスタム74』のレビューと口コミ・評判についての紹介でした!

日本の老舗が作る万年筆は、初心者にも扱いやすく初めての1本には最適です。

自分の用途に合わせて、ペン先を選びましょう。

 

  • 手帳やノートなどは細いペン先
  • あて名書きなどは太いペン先

 

仕事の都合、どうしてもペンを片手で操作しなければならない方は、キャップレスデシモが便利です。

万年筆なのに、ノック式でペン先をしまうことができます。

個人的には、キャップレスデシモのほうが使い勝手がいいです。

現在は、職場はキャップレスデシモ、自宅はカスタム74と使い分けて使用しています。

-ビジネスアイテム, 筆記用具

Copyright© トス屋 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.