大企業よりも中小企業の方が精神的に楽だった。

役に立ったらシェアしてね

スポンサーリンク
アドセンスリンク広告




大企業ならあんしんなの?

sunlight

私は大きな会社じゃないと不安で仕方なかった。

薬学部を卒業したこともあり、同期は製薬会社や大手調剤薬局に就職していた。

いずれもかるく社員1,000人は超える大きな会社だ。

もちろん一部上場企業である。

医療業界ということもあり、外資に就職する同期も多かった。

世界規模でみれば数万人の社員がいるような会社だ。

そんな環境だったものだから、自分も大きな会社に勤めなければという固定観念があった。

以下、私の経歴だ。

  • 一部上場企業 社員300名
  • 一部上場企業 社員2,000名
  • 外資系臨床開発 社員30,000名
  • 病院 職員200名

今思えば最初から病院に就職しておけば良かった。

崩れてゆく大企業

earthquake

大企業に就職して、そこで勤め上げるのはもう昔の話だ。

今は流動性を意識して仕事をしないと、すぐに食いっぱぐれる。

シャープ、東芝、タカタ、日本航空、ウィルコムなどをみればわかる。

再生している企業もあるが。

海外に目を向ければゼネラルモーターズ、リーマン・ブラザーズなどの倒産が有名である。

リーマンショックには私の資産もだいぶやられたのを記憶している。

このように大企業はアッサリと倒産する時代なのだ。

汗水垂らして、残業すれば給料が上がっていくなんてのは昭和話。

平成も終わろうとしている現代では通用しないのだろう。

大企業は社員のつながりが希薄

Tremor

実際に一部上場企業や外資で働いてみた経験からいうと、しっかりしているのは確かだ。

法的な部分はかなりシビアにチェックしてくれている。

その情報を1社員が取りに行かなくても、会社がアナウンスしてくれるのでラクだ。

だが、社員数が多いと他部署との連携がうまくいかない。

部署同士で折り合いもつかないので平行線を辿ってしまう。

大きな会社に勤めているというプライドはあるのだが、仲間意識はあまり芽生えないのだ。

3万人を超える外資は悲惨だった。

何をするにも自分でアクションを起こす必要があった。

集団なのに完全な個人プレーなのである。

これが最悪だった。

個人事業主での個人プレーとはわけが違う。

問題が発生した時、顔も名前もわからない他部署の人にチャットで教えをこう事が多かった。

しかも、それはうちの部署じゃないと言われ、たらい回しにされることも多かった。

かといって自分で勝手に動くとすぐに上司から注意を受ける。

注意するくらいなら、聞いた時に教えてほしいものだ。

1つ問題が起こるたびにものすごく神経をすり減らしながら対応していた。

社員数が少ない方が機動力がある

Convenient

今勤めいているのは病院だ。かなりアットホームである。

他の病院に勤めた事がないのでわからないが、どこもこんな感じなんだろうか?

職員数も今までで1番少ないし、経営状況も教えてもらえない。

以前の私なら倒産が心配で転職先の選択肢には入らなかっただろう。

しかし、入職してみると居心地がいい。

各部署とのつながりが強く、連携が容易にとれる。

診療報酬改定に向けすぐに軌道修正できる。

欲しいと思った保険点数はすぐにとれる。

事実、薬剤師がとれる薬剤管理指導はゼロから始めて3年間で150件/月まで伸びた。

病棟もすんなりと薬剤師が介入することを受け入れてくれる。

大きな会社と比べ自由度がバツグンなのだ。

これはこの先強みになると感じている。

個人事業主なら、、?

one

私の目標は50歳でアーリーリタイアだ。

私の父が不動産投資でそれを実現している。

彼はパチンコと自治会と孫守りを中心に人生を謳歌している。

羨ましい限りだ。

私も同じ道を辿るため、副収入のタネを蒔いている。

その1つがこのブログだ。

それと、我が家は先祖代々の土地があるので活用してみたい。

親父から不動産を引き継ぐ手もひとつか。(相続税のため売却と言われているが)

いずれにせよ、1度しかない人生だ。仕事に束縛される時間はできるだけ減らしたい。

もし、50歳でリタイアして副業で生きていければ、私の場合714日の自由な時間を手に入れたことになる。(副業ではなく本業になってしまうか)

実際は副業に時間をさくことになるだろうが、今ほどの時間は必要ないだろう。

それに、副業は趣味の延長にあるようなものだ。好きなことなら苦にはならない。

今は大企業なら安心と言える時代ではない。

むしろお金の流れは大→小に逆流している。

もちろん優秀な小なのだが。

私もそんなところを目指していきたい。

精神的にツラくなっている方、お早目にご相談ください。精神科病院に勤務する『うつサバイバー』薬剤師が相談にのります。⇒トス屋のお悩み相談室

【薬剤師の転職】

【薬剤師のワークライフバランス】

残業ゼロ、年収600万円、託児所付きなど、わがままな転職したくないですか?薬剤師なら可能です!

薬剤師専用の転職サイト薬剤師転職の王道【エムスリーキャリア】

転職は専門家に任せて、素晴らしい薬剤師ライフを!

 

【note、ココナラ、BASE】全記事

【その他のおすすめ記事】

  1. 一条工務店の情報
  2. ブログ運営術
  3. 強い心の作り方
  4. 良書の感想

noteで書いてます!

 

【心が傷ついたときは】

精神科薬剤師のお悩み相談

心を整理してスッキリしませんか?

ココナラBASEで受付中!

 

【プロフィール】

portrait記事を書いた人

トス屋 

⇒プロフィール詳細

大企業よりも中小企業の方が精神的に楽だった。
この記事をお届けした
トス屋の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
アドセンスリンク広告




アドセンスリンク広告




役に立ったらシェアしてね

フォローする