【プレゼントに最適】ルナエンバシージャパンで月の土地を購入しよう

役に立ったらシェアしてね

スポンサーリンク
アドセンスリンク広告




宇宙が好き

moon

物心ついたころから、漠然と宇宙が好きだった。

未知が多すぎて、興味をそそられる。

宇宙の外ってどうなってる?

膨張してるってどうゆうこと?

ブラックホールは時間が止まってる?

何万年も前の光を見てるってマジ?

どちらかというと、物理の側面から気になっていたんだろうな。

こんなもんだから、高校受験の一般推薦の面接では『将来は宇宙に行きたい』と言い放ったのを覚えている。

もちろん、その高校は落ちたw

結局、一般入試で同じ高校を受験して受かってやったけどw

面接では失笑された夢だが、開発が進んだことにより、生きているうちに宇宙に行ける可能性もみえてきた。まだまだ、お金はかかるがコストダウンも時間の問題だろう。

そんなわけで、人よりも宇宙に対する情報アンテナを張った人生を送っている。

そして社会人になりたて2007年頃、そのアンテナのおかげで月の土地を買えるという衝撃の事実を知ったのである。

、、マジで?月って買えるの?

きっかけはプレゼント

Present

オヤジとの関係は冷え切っているのだが、新卒の頃は少し見直していた。

社会に出て働くとは、こんなにも大変なものなのかと。

そんな中、オヤジは一部上場企業で30年勤めてきたのだがら、さすがにすごいと思った。

そんなわけで、初任給で何かプレゼントできないか?と探して出会ったのが『ルナエンバシージャパン』だ。

幸いなことに、オヤジは私よりもディープな天文オタクw

マイ望遠鏡を書斎に設置して、高そうなレンズをいくつも所有している。室内にはプラネタリウムもある。

そんなオヤジだったので、『月の土地』はピッタリなプレゼントだったのだ。

ルナエンバシージャパンとは?

hatena

ルナエンバシージャパンとは、アメリカ人のデニス・ホープ氏が運営する会社の日本代理店だ。

1980年、彼はサンフランシスコの行政機関に『月の所有権』を申し立てて受理された。

そして、念には念を。

国連、アメリカ合衆国、旧ソビエト連邦に『月の権利宣言書』を提出。

何もケチをつけられなかったので、宇宙の不動産業を開業したのである。

、、、すごいアイデアであるw

無から有を生み出すとは、こういったことなんだろう。

権利を得るまでの流れ

さて、若かりし新卒時代に知った月の土地購入。

それから約10年が経過して、自分でも欲しくなってきたw

しかしながら、さすがに現地を見てから、、、なんてことはできない。

そこで、月を買うとはどういうことなのか、おさらいしてみる。

月を買うとは『権利書』を購入するということだ。

moon

引用:ルナエンバシージャパンHP

売れ行きは好調なようで、現在はすでに第三分譲である。

moon

引用:ルナエンバシージャパンHP

主要商品はただ一つ。

そう、『月の権利書:2,700円』だw

この月の権利書には、以下の内容が含まれる。

商品内容

・月の土地権利書/月の憲法/月の地図
・月の土地権利書(和訳・A4)/月の憲法(和訳・A4)
・土地所有権の宣言書コピー(英文)
・オリジナル封筒

そして肝心な土地の面積。どれくらい買えるのだろう?

『2,700円で1エーカー』

、、え?えーかー?何やら耳慣れない単位w

HPを調べてみると『1エーカー=1,200坪』であった。

、、、めちゃくちゃな広さだな!

我が家が35坪くらいとすると、、34個建てられるw

2,700円でこれだけの土地が変えるなんて、破格としか言いようがない。

ただ、残念なことに好きな場所を買うことはできない。

付属品のラインナップ

difference

主力商品は『月の権利書』のみだが、付属品のラインナップは豊富である。

付属品ラインナップ

カードセット:権利書をカードサイズに

ファイルセット:オリジナルファイル

カードファイルセット:カードとファイルのセット

アルミフレームセット:オリジナルアルミフレーム

カードアルミフレームセット:カードとアルミフレーム

ムーンギフトカード:月の権利書と交換できるカード

地球儀:日本の探査機「かぐや」による月面の詳細な探査情報によりできた月球儀

望遠鏡:昼の景色から夜の星空まで、まるまる1日活躍する望遠鏡

etc…

『月の権利書』単品というよりは、コチラでかなりの利益を上げていると考えられるw

実際に購入しました

さぁ、散々書いておいて『本当は買ってないんだろ?』と思われないため、実物の写真を紹介していこうw

moon

私が購入したのは権利書のみ。オプションはないので、このような封筒に入って送られてくる。

moon

こちらが権利書。全て英語だ。

購入した土地の広さ、区分、所有者などが記載されている。

moon

こちらが月の憲法。

moon

こちらが月の地図。私の購入した区分は左の方にあるオレンジの点だ。

moon

拡大するとこんな感じ。

moon

英語だらけでウンザリだった?大丈夫。ちゃんと日本語の説明書が添付されている。

moon

まずは商品の内容、再発行や返品などの基本的内容。

moon

続いて月憲法の和訳。

moon

続いて月権利書の和訳。

まとめ

Summary

いかがだっただろうか?

2,700円で1,200坪も買えるという時点で、ジョークと捉えたほうがいいだろうw

だが、人にあげれば喜ばれること間違いない!

自分で買えば、話のネタになるw

私は自分のために購入したが、後悔している点が1つある。

それは、、アルミファイルセットにすればよかった。

せっかく買ったのにずっと本棚にしまいっぱなし。

ケチらずにフレーム付きにして、壁に掛けられるようにすれば良かった。

moon

ちなみに、家族4人分の土地を買った。

全て合わせて、約5,000坪だ。

月移住計画が実行されるような時、土地を分けてあげてもいいですよw

【note、ココナラ、BASE】全記事

【その他のおすすめ記事】

  1. 一条工務店の情報
  2. ブログ運営術
  3. 強い心の作り方
  4. 良書の感想

noteで書いてます!

 

【心が傷ついたときは】

精神科薬剤師のお悩み相談

心を整理してスッキリしませんか?

ココナラBASEで受付中!

 

【プロフィール】

portrait記事を書いた人

トス屋 

⇒プロフィール詳細

【プレゼントに最適】ルナエンバシージャパンで月の土地を購入しよう
この記事をお届けした
トス屋の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
アドセンスリンク広告




アドセンスリンク広告




役に立ったらシェアしてね

フォローする