鳩がベランダに卵を産んでしまったので息子と観察してみた①

役に立ったらシェアしてね

スポンサーリンク

さかのぼること3年前

2014年に地元のマンションに引っ越してきました。当初は3人家族でしたが、次男が産まれ、4人家族になりました。

平凡ながら幸せな暮らしです。

しかし、引っ越して来た当初から周辺に鳩が多いな、と感じていました。特に向かいの建物の屋上には多くの鳩がとまっていました。

どうやら、新居の品定めをしていたようで、次第にベランダで小枝を見かけるようになりました。

妻が巣作りをしていると勘付き、せっせと撤去していました。

引越し後2年間は問題なく経過します。

ところが、3年目の終わり頃、我が家にターニングポイントが訪れます。

妻が働き出したのです。

数ヶ月間は仕事を覚えるので手一杯となります。私も家事や育児の分担が増えました。

日中に不在となる時間も増えました。

鳩のことなど忘れ去ってしまっていたのです。

ベランダに産み落とされた卵

ある日、ベランダの室外機の後ろに卵を発見しました。

pigeon

驚くしかありませんでした。そういえば、うちのベランダは鳩に品定めされていたのです。

しかし、小枝が殆どなく、卵はタイルの上に直接置いてある状態でした。

過去に何度も巣を撤去されていたので、巣作りは諦めていたのでしょうか?

それでも、卵が出てきてしまい、耐えかねて産んでしまったようです。

正直、私は気の毒に感じていました。産気づいたのに産む場所がないのですから、、

私は子供の頃にずっと鳥を飼っていました。それもあり、鳥に対して抵抗が殆どありません。

肩や頭に糞をされることもありましたが、慣れていました。むしろペットの鳥をとても可愛がっていました。

しかし、妻はそんな経験はなく、鳥インフルエンザや糞害など、ごく一般的な鳥のイメージしか持っておりません。

悩んだ末、見守ることに

法的なことをいうと、鳥獣保護法とかいう法律で、卵を処分してはいけないそうです。

しかし、それよりも産まれてきた命を奪うことに抵抗感がありました。

大自然のルールに反しているようで、、捕食対象なら話は別ですが。

鳩にとっては人間のベランダだろうが関係なく、安全そうな場所を選んだだけの話です。

妻も鳩は嫌だけど、卵を処分することには抵抗がある様子でした。

そこで今回に限り、息子に命を身近に体験してもらうという名目で、処分は見送ることにしました。

うちのベランダに巣を作った鳩の種類

名前:ドバト

分類:ハト目ハト科

カワラバトという鳩を改良して、人間が飼っていた鳩です。伝書鳩やレース鳩などが有名でしょうか。

それが野生化して、街中でよく見かける鳩になったようです。

3cmくらいの卵を産みます。

喉にピジョンミルクなるものを生成して、雛に与えます。

年に5〜6回産卵します。雛は約1ヶ月で巣立ち、半年ほどで繁殖できるようになります。寿命は15年くらいです。

年に5回産卵したとして、10羽になります。1年間で2羽→10羽、、恐ろしい繁殖能力です。

(この後成長記録を綴りますが、成長速度も驚異的です。恐るべしドバト。)

鳩を見守るうえでのルール

  • 今回の1回限る
  • 息子に鳩の成長を観察させる
  • 雛を触るときはマスクをつけ、後で手を洗う
  • 糞の処理は私(夫)がする
  • 糞は定期的に処理する
  • なるべく自然の掟に干渉しない

産卵から巣立ちまでの経過

孵化日を1日目としてカウントしています。

-21日目(4月20日)

いつもならすぐ逃げるはずが、なかなか逃げない鳩。お腹の下に白い何かがある。

pigeon

妻がカメラのフラッシュで攻撃すると、驚き慌てて逃げる。丸く白い物体が置き去りにされる。

pigeon

この日、初めて卵を発見。卵があったから、人が近づいても逃げないように耐えていた様子。

pigeon

この卵をどうするか、家族で話し合うことに。

-18日目(4月23日)

夫婦で悩みに悩んだ結果、今回に限り見守ることにした。

しかし、小枝がほとんどない。

ベランダに直接糞をされるのは困るので、人工の巣を設置した。

すると、2個めの卵を産卵。これは誤算だった。

pigeon

1個目の卵が産まれてから、4日経過していた。

鳩は警戒しており、あまり温めに来ない。寒い日も続いており、1個目の卵はダメかもしれない。

続きはこちら!

鳩がベランダに卵を産んでしまったので息子と観察してみた②
孵化から数日での劇的な変化の記録です!

portrait記事を書いた人

トス屋 

⇒プロフィール詳細

鳩がベランダに卵を産んでしまったので息子と観察してみた①
この記事をお届けした
トス屋の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

役に立ったらシェアしてね

フォローする