『多動力』を読んだ感想(レビュー)

役に立ったらシェアしてね

スポンサーリンク
アドセンスリンク広告




境界がなくなる?

仮想通貨の勉強をしていると、いつも同じ結論にたどり着く。

著名な人、先見のある人は同じ考えを共有しているように感じる。

本書では、インターネットの普及によって、業界の壁がなくなると書かれている。

その時、1つの能力で生き残ることができるのか?

そんな未来を見据えた一冊と言いたいところだが、著者は別に特別なことをしている感覚はなさそうw

素が良いって羨ましい。

感想

この人も『お金2.0』と同様に価値を大切にしている。

自分がワクワクするかどうかしか、考えていないみたい。

たしかにそれならストレスは軽減される。

それに、嫌なことは徹底排除w

さらに、他の人にできることは100%アウトソース。

いかに自分の時間を作るかが、多動力の源。

自分でもやってる仕事が把握しきれないってどんな境地なんだろう、、?

フェイスブック創設者とかとの絶対的な違いは自己満足なところ。

ザッカーバーグは他人の価値をも高めようとしてるからね。

でも、この人は違う。自分が面白いかどうかが原動力。

だから、自分の時間を奪う奴は徹底攻撃w

電話してくる奴は相手にしないって書かれてたなあ。

でもね、共感する部分が多かったよ。

私も効率的なの大好きだから。

敵を作ってまでやる自信はないけどw

時間軸を大切にしているだけあって、まとめ方もキレイでサクッと読みきりました。

【本の感想】

本の読み放題はコチラ!

 

【note、ココナラ、BASE】全記事

【その他のおすすめ記事】

  1. 一条工務店の情報
  2. ブログ運営術
  3. 強い心の作り方
  4. 良書の感想

noteで書いてます!

 

【心が傷ついたときは】

精神科薬剤師のお悩み相談

心を整理してスッキリしませんか?

ココナラBASEで受付中!

 

【プロフィール】

portrait記事を書いた人

トス屋 

⇒プロフィール詳細

『多動力』を読んだ感想(レビュー)
この記事をお届けした
トス屋の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
アドセンスリンク広告




アドセンスリンク広告




役に立ったらシェアしてね

フォローする