雨の日に軽井沢おもちゃ王国(ホテルグリーンプラザ)に行った

役に立ったらシェアしてね

秋の長雨とはよく言ったものだ。本当に長い。かれこれ2週間くらい雨が続いているだろうか。

おまけに季節外れの台風も重なり、関東地方は大雨だ。

おもちゃ王国への旅行を控え、キャンセルするか判断に迷っていた。

長男に聞いてみたところ『行くに決まってんじゃん!』と即答。

雨の中での旅行もまた思い出になるか。

と、いうことで雨天時の軽井沢おもちゃ王国についてレビューする。

玄関を開けると・・・

rain

2017年10月22日。玄関を開けるとそこは一面の雨。天気予報は大当たりだ。大粒の雨が降り続けている。不幸中の幸いは風がないこと。

台風は近づいているが、まだ秋雨前線を刺激している程度だ。台風が直撃するのはチェックアウトの時間帯である。

前日、長男は興奮して23時まで起きていた。しかし、寝坊の常習犯の彼は当日の朝6時前に着替えを済ませていた。朝からテンションが高い。

son

次男は爆睡中なのだが、既に外出用の服に着替えており準備万端だ。

son

トス屋は6:00に起き、6:40分には身支度を整え、車をとりに行った。

軽井沢は12℃、翌日は8℃の予報だ。暖かく、汚れてもいい服装を選んだ。

服装
  • パンツ:ユニクロヒートテック
  • シャツ:モンベル
  • ベスト:ユニクロウルトラライトダウン
  • アウター:ユニクロブロックテック

Clothing

後に過剰な防寒だったと後悔する事になる。

旅行条件

旅行条件
  • 旅行先:軽井沢おもちゃ王国
  • 宿泊先:ホテルグリーンプラザ軽井沢
  • 日程:2017年10月22日(日)〜1泊
  • 人数:大人2人、4歳(長男)、2歳(次男)
  • 天候:雨、台風直撃
  • 気温:埼玉県17℃ 群馬県12℃

交通情報(行き)

交通(行き)
  • 車種:日産セレナC27
  • 高速道路:狭山日高インター〜碓氷軽井沢
  • 平均燃費:11.5km/L
  • 走行距離:163.2km
  • 走行時間:3時間27分(だいたい7:00~10:30)
  • 高速料金:2,460円
  • 有料道路:640円(鬼押しハイウェー270円+370円)

車は2ヶ月前に新車で購入したセレナである。車内はとても広く、息子たちも気に入っている。

今までの我が家の車と決定的に違うのはリアモニター。子供を静かにさせる最強のアイテムだ。コナン様様である。

出発してすぐにコンビニに寄って朝食を購入した。次男はまだ爆睡中だ。

son

狭山日高インター〜碓氷軽井沢インター

今のセレナは高速走行に強みのあるオプションを選べる。そう、プロパイロットだ。カーブなども自動で感知してハンドルを切ってくれる優れものだ。

しかし、残念なことに我が家のセレナには搭載されていない。予算の都合でカットした。だが、オートクルーズはついている。これはとても快適な機能だ。

アクセルに足を置かないというだけなのだが、実際に使ってみると運転がめちゃくちゃ楽になった。

高速走行に備え、窓にはガラコを吹き付けておいた。今はスプレーするだけのものもある。持続性は低いが撥水効果はまずまずだ。高速道路ならノーワイパーで問題ない。

途中のパーキングで休憩をとる。車内が広いと息子たちも伸び伸びできる。

son

次男は起床して朝食だ。

son

コナンが終わり、次はファインディング・ドリー様様だ。

軽井沢で通行止め

碓氷軽井沢インターを降りて有料道路(鬼押しハイウェー)に向かう。軽井沢は街の景観を統一しており、看板が茶色い。ファミマも茶色だ。

おもちゃ王国に向かう途中の有料道路手前でトラブル発生。この大雨の中マラソン大会が開催されており、道路が完全封鎖されている。

突き抜けるためにナビの指示を4回ほど無視してトライしたが、全て警備員にブロックされた。相当なディフェンスだ。

流石にイラついてしまい、どうやったらおもちゃ王国に行けるんだ!と八つ当たりした。

30分ほどかけて、なんとか有料道路にたどり着いた。ホテル側からの事前アナウンスが欲しかった。

軽井沢おもちゃ王国

基本情報

map

引用:おもちゃ王国HP

おもちゃ王国は3つのエリアに分かれている。

guide

引用:おもちゃ王国HP

営業案内、利用料金は以下の通りだ。

guide

引用:おもちゃ王国HP

以下はアクセスだ。

access

引用:おもちゃ王国HP

おもちゃ王国に到着!

マラソン大会の影響でもたついたので、予定より30分遅れで到着した。

息子たちには長時間ドライブとなった。ファインディング・ドリーの効果も薄れ、途中からはぐずっていた。次回からは3時間以内で到着するようにしたい。

さて、おもちゃ王国に入園するにはチケットが必要だ。ホテルにはチケット付きのプランもあるが、今回のような雨の日にフリーパスはもったいない。

そんな時にちょっとお得な情報だ。

ポイント

ホテルグリーンプラザ軽井沢の宿泊者は格安チケットが買える!

ホテルの入口に1番近いフロントで、各種チケットの受け渡しや購入に対応している。

おもちゃ王国の格安チケットは宿泊者限定と書いてあるが、宿泊確認はされなかった。

対応したホテルマンにもよるかもしれないが、誰でも買えるんじゃないか?

guide

入園券は約50%オフ、フリーパスは約30%オフだ。

乗り物、わくわく大冒険の森(アスレチック)を利用しないのであれば入園券で十分である。

午前中は雨だが、午後から晴れるなんて日もあるだろう。そんな時は追加料金で入園券をフリーパスに切り替えることも可能だ。

但し、一旦ホテルに戻って交換する必要があると言われた。乳幼児のお昼寝を考慮すると、一旦ホテルに戻って、再度おもちゃ王国に行くという選択肢は選びにくい。

ホテルの入口にはおもちゃ王国の運行状況が案内されている。

guide

これを見てから決めてもいいだろう。但し、レッツゴートーマス・パーシーに屋根はない。

運行中でも現実的(雨では)には利用不可の乗り物もあるので注意が必要だ。

トス屋は天候を想定してチケット無しのプランでホテルを予約していた。ファインプレーだ。なので、入園券のみを購入した。

おもちゃ王国の入園料
  • 大人2名:1,200円(600円×2)
  • 子供2名:800円(400円×2)

レインコート(雨ガッパ)の販売

10:30頃におもちゃ王国に入園した。入園すると、まずは記念撮影スポットがある。あいにくの天候のため、100%スルーされていた。せっかくなので1枚撮ってみた。

Memorial-photography

撮影スポットの先では土産やおもちゃが販売されていた。その中にレインコートを発見。

この雨の中、傘をさしながら4歳児と2歳児の面倒を見るのは想像するだけで骨が折れる。即、購入を決意。

Raincoat

サイズは3つあり、サイズ合わせ用にサンプルも置いてあった。ところが息子たちは着用を拒否。

次男は説得不可能だが、長男には傘を自己管理することを約束させ、レインコートの購入は断念。

しかし、後にこの選択は正しかったと判明するのであった。

ちなみに抜かりなく長靴や傘も販売されていた。

園内マップを確認

土産の建物を出ると園内マップがあった。

map

本日は半分以上のエリアが休止となっている。屋外テーマパークにとって雨ほどの天敵はないだろう。

正面ゲートを入ってすぐに見えてくるのが大迷宮アスレチック城だ。遊ぶには500円/人かかる。フリーパスは利用不可だがぜひとも挑戦してほしい。

Athletic

長男は楽しみにしていたが、見事に休止だ。

去年もおもちゃ王国に来たのだが、その時に長男と挑戦したアトラクションだ。トス屋がいてもクリアするのに30分近くかかった。

途中でリタイアしていく子供たちも数多くおり、小学校低学年レベルではクリアできないだろう。

子供が困っていないかスタッフが目を光らせてくれている。(ホテルの露天風呂でスタッフと出くわした。『今日は○○人も救助したよ~』などと内輪話をしていた。やはりかなりハイレベルのようだ。)

先に進むとイベント情報の案内があった。

guide

1時間おきに色々とやってはくれているが、雨だとどれにも参加する気力が沸かない。

おもちゃのお部屋(午前)

さらに進むと王国横町一丁目がある。

guide

ここには各々特色のあるおもちゃが置かれたおもちゃのお部屋と呼ばれる建物が並んでいる。今回はここだけで遊ぶこととなった。

map

引用:おもちゃ王国HP

トミカ・プラレールランド

まずはトミカ・プラレールランドに入る。。想定外の混雑だ。

雨+日曜日ということで来園人数は少ないはずだ。しかし、屋外がほぼ全滅ということもあり、客がおもちゃのお部屋に集中しているのだ。

線路を敷くスペースがないくらい混んでいた。

プラレールのパーツは豊富だった。電車、踏切、駅などは数が限られてたが、使えない程ではない。長男は部屋を探し回ってパーツを集めていた。

Plarail

次男はトミカのぐるぐるシュートが気に入っていた。他にもトミカのおもちゃがたくさんあった。

Tomica

おもちゃのお部屋の中は暖房が効いており、かなり暑い。しかも、湿気も高く不快指数マックスだ。

トス屋の過剰な防寒では暑すぎて、結局はアウターとベストを脱ぐ羽目になった。息子たちも上着を脱ぎ、妻もアウターを脱ぐ。ものすごい嵩張る荷物の出来上がりだ。これは失敗した。

屋外も12℃のわりにそんなに寒くはなく、もっと軽装でよかった。

今年はインフルエンザの流行が早く、室内に多数の客がいるのは気になるところだ。マスクとアルコールを持参しなかったのを後悔した。

幸いなことにアルコールは設置されていた。使用期限の管理など少し不安ではあるが、、

そうこうしているうちに、客が昼食に流れたようで空いてきた。

しかし、息子たちは集中して楽しんでおり、空腹を訴えることもなかったので続けて遊ぶことにした。(行きの車内でお菓子を貪っていたためだろう)

トミカ・プラレールランドで1時間程過ごす。

まなびのハウス

次はまなびのハウス。いわゆる知育玩具で遊ぶことができる。

これはジュニアエンジニアというおもちゃだ。

Junior-engineer

ピースを組み合わせるのだが、ボールを転がせるようになっていて結構面白い。壁に穴を設置することで、壁にもピースを固定できる。GIGOという会社のおもちゃらしい。

Junior-engineer

クリスマスのプレゼントにしたいくらい気に入ったのだが、おもちゃ王国には売っていなかった。ネット検索しても品切れしかヒットしない。人気なのだろうか。

他にも、立体を作る磁石のおもちゃ、お絵かき、パズルが置いてあった。

ここでも1時間程過ごす。

まなびのハウスはシルバニアファミリー館、リカちゃんハウスとも室内でつながっており、そちらは女子でひしめき合っていた。

オッサンが写真を撮ると誤解を招きそうなので、画像がないのは勘弁して欲しい。

昼食

時間も12:30になり、次男がぐずり始めた。眠くなったのだろう。

というわけで昼食をとりに向かう。食事は高くも安くもなく、テーマパーク価格である。トス屋はラーメン、妻と息子は焼きそばにした。

昼時のわりに空いてる。やはり雨天のためおもちゃのお部屋に人が集中していただけで、来園人数そのものは少ないのだろう。約半分のテーブルが空いていた。

lunch lunch

昼食
  • 軽二郎ラーメン:900円
  • オムソバ:700円
  • 焼きそば:650円
  • ジュース:持ち込み

申し訳ないが軽二郎は二郎を名乗るに値しない。面は細く、味は薄く、野菜は少なく、豚はペラペラで、油は少ない。旧野猿街道店時代からのジロリアンの舌をうならせるには程遠い。

二郎を語るとキリがないので割愛するが、普通のラーメンと考えれば結構美味しかった。

他には以下のようなメニューがあった。

lunch lunch

食事は外で販売されている。屋根がありギリギリ濡れずに済む。縁日も外でやっており、ヨーヨー釣り、スーパーボールすくいなどがあった。やっている子供はいなかったが、、

食後の片付けはセルフなのだが、ゴミ箱の前にはスタッフが4人もスタンバイしており、全て対応してくれた。

追加で発生したゴミを捨てに向かうと、スタッフの方から歩み寄りゴミを引き取ってくれた。これは乳幼児連れにはありがたい。

駐車場の誘導係の笑顔から感じていたことだが、ホスピタリティ精神はなかなかのものである。

おもちゃのお部屋(午後)

空腹も満たされ、次男は昼寝にはいると予想していたのだが寝ない。

これが旅行の力なのだろう。もう少しおもちゃのお部屋で遊んでから、ホテルにチェックインする事にした。

ピノキオ館

ピノキオ館ではトイザらスで見かけるアンパンパン系のおもちゃが数多く置かれていた。また、ままごとハウスも同じ建物に併設されていた。

toy

これでもかというほど、おもちゃをとっかえひっかえして遊ぶ事が出来る。

しかし、ピノキオのピの字すら感じることができない。普通にアンパンマン館やおままごと館でよかったのではないか。

おもちゃ王国は退園

他にもおもちゃのお部屋はあったのだが、チェックインの時間が近づいており、おもちゃ王国は切り上げることにした。

時刻は14:30だった。

評価・まとめ

さて、今回は雨の日に軽井沢おもちゃ王国に行ってみた。

やはり屋外のアトラクションはほぼ全滅と考えたほうがいい。

ここではマス釣りやマスすくいができるはずだった。奥にはわくわく大冒険の森(アスレチック)があるが1人もいない。

Athletic

キッズ広場も設置されているが、こちらも誰1人遊んでいない。

外で遊べるのは観覧車、メリーゴーランド、トレイン系の屋根付きのアトラクションだけだ。

もしそれらに5回以上乗るのであれば、雨でもフリーパスを購入したほうが得だ。だが、雨の中、乳幼児を連れて外のアトラクションで遊ぶメリットは感じられない。

おもちゃのお部屋間の移動は徒歩20歩以内である。冒頭に書いたレインコートは着脱を考えると無用の長物といえる。傘で十分だった。気にしない人なら小走りで問題ない。

否定的なまとめをしているが、実は息子たちは大満足である。おもちゃのお部屋には3つしか入っていないのだが、10:30~14:30までの4時間も過ごすことができた。

昨年に訪れたときは晴れていたので、屋外のアトラクションやアスレチック系でしか遊ばなかった。

大人目線で見ると室内遊びより、屋外遊びのほうが良いと感じてしまう。

しかし、子供目線で考えれば、外でも中でも親と一緒に遊べれば楽しいのであろう。

まとめ▼
  • 長時間ドライブになりすぎないように
  • 服装は体温調節しやすいように
  • 雨天を想定してチケットなしプランを予約する
  • 宿泊者はホテルで格安チケットが手に入る
  • 入園券⇒フリーパスへの切り替えも可能
  • レインコートは買うな
  • おもちゃのお部屋だけでも子供は楽しい
  • 多数のおもちゃがあるので子供の好みを発見できる

おもちゃ王国の隣にあるホテルグリーンプラザ軽井沢についての紹介記事『雨の日にホテルグリーンプラザ軽井沢に宿泊した』も書いている。

是非ともホテル選びの参考にして欲しい。

【note、ココナラ、BASE】全記事

【その他のおすすめ記事】

  1. 一条工務店の情報
  2. ブログ運営術
  3. 強い心の作り方
  4. 良書の感想

noteで書いてます!

 

【心が傷ついたときは】

精神科薬剤師のお悩み相談

心を整理してスッキリしませんか?

ココナラBASEで受付中!

 

【プロフィール】

portrait記事を書いた人

トス屋 

⇒プロフィール詳細

雨の日に軽井沢おもちゃ王国(ホテルグリーンプラザ)に行った
この記事をお届けした
トス屋の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

役に立ったらシェアしてね

フォローする