仮想通貨取引所のZaifに登録してビットコインを購入してみた。

役に立ったらシェアしてね

ビットコインは甘く危険なイメージがあるだろうか?

しかし、着実に成長を続けているのも事実だ。

この流れに乗らないわけにはいかない。

アベノミクス相場に乗り損ねた方でもまだ間に合う。

ビットコインとは?

Bit-coin

ビットコインとは仮想通貨や暗号通貨と呼ばれる通貨だ。

通貨なのでお金として使用することができる。

では仮想とは?

実物で手にすることができないということだ。

仮想通貨としてイメージしやすいのは、オンラインゲーム内の通貨です。円やドルを支払って、ゲーム内で使われている通貨を手に入れれば、そのゲーム内で使われている通貨が「使える」ゲーム内のお店で、アイテムを買うことができます。ゲーム内でのみ使える、仮想の通貨です。

他にも、特定の Web サイトでのみで使える仮想通貨も存在します。利用登録の際に1,000円で1,000ポイントを購入し、その1,000ポイントで有料サービスを購入するというしくみを利用している Web サイトが存在します。そのポイントが「使える」Web サイト内でのみ有効な、仮想の通貨です。

ビットコインも似ています。ビットコインを手に入れることができれば、ビットコインが「使える」所で物やサービスを買うことができます。

bitFlyerより引用

先の例で紹介したような仮想通貨とビットコインは、何が違うのでしょうか。実は、存在している理由が全く違うのです。

特定のゲームや Web サイト内でのみ使える仮想通貨は、企業単位で作られており、利用者を囲い込むことによって仮想通貨の運営主体(=ゲームや Web サイトの運営会社)が利益を上げることを目標としています。

一方のビットコインは、国家単位で運営されている円やドルと同じく、経済活動を円滑に進めるために作られた仮想通貨なのです。

ビットコインは、世界中で日常生活に「使える」ようにすることを目指して作られています。仮想の通貨なので紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるようにつくられています。

まだまだ発展途上ではありますが、円やドル以上に利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨をめざして作られた仮想通貨なのです。

bitFlyerより引用

とても魅力的な話だ。

ビットコインは仮想通貨の代表格だと考えればいい。

”ビットコインしか知らない”、”仮想通貨はビットコインだけだ”と思っている人も多い。

実は仮想通貨は1000種類以上存在している。

仮想通貨市場が約15兆円と言われているなか、ビットコインの時価総額は約8兆円だ。(2017年11月6日時点)

ビットコイン以外の仮想通貨をアルトコインというが、仮想通貨にかわりはない。

仮想通貨という大枠の中にビットコイン、アルトコインがあるのだ。

仮想通貨を手にれるには?

branch-point

仮想通貨を手に入れる方法はいくつもある。

個人間での売買も可能だし、取引所で売買することもできる。

また、取引所を運営する事業者から購入することも可能だ。

一般的には取引所に登録して購入することが多いだろう。

とくに難しいことはなく、iPhone1つで事足りる。

私はZaifとCoincheckとBINANCEに登録している。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

取引所はいくつもあり、それぞれの特徴が違う。

Zaifは手数料が安い、Coincheckは取り扱い仮想通貨が多いなどといった具合だ。

仮想通貨を購入するためには、まず日本円が必要だ。

しかし、仮想通貨を購入すればそれを元にして別の仮想通貨を購入することもできる。

これは為替と似ている。

円でドルを買ったり、ドルでユーロを買ったり、売りから入ったり、レバレッジを使ったり。

インカムゲインはないが、それ以外は同様だと考えていい。

仮想と付くので分かりにくいが、結局ところ通貨なのだ。

Zaifへの登録手順

私がメインで利用してるZaifへの登録手順を紹介する。

まずは下のバナーをクリックしよう。

そうするとZaifの登録ページにアクセスできる。

『無料登録はコチラ』をクリックする。

Zaif1

続いてメールアドレスを入力したら『登録』をクリックする。

Zaif2

送られてきたメールのURLにアクセスして登録手続きをしていく。

Zaifで取引を始める前に、以下の3つを実施してほしい。

3つの確認
  • 本人確認
  • 郵送確認
  • 電話番号認証

本人確認はスマホで運転免許証などを撮影してアップロードすればOKだ。

本人確認に問題がなければ、本人確認コードが記載された郵便物が届く。

そのコードを入力すれば郵送確認は完了だ。

Zaif3

電話番号認証は電話番号を入力して『送信』をクリックする。そのあとショートメールに送られてくるコードを入力すればOKだ。

Zaif4

以上の手続きが完了すれば、Zaifの全ての機能を利用することができる。

ビットコインの購入方法と注意点

point

始めてビットコインを購入する場合は日本円を入金するか、クレジットカードで購入することになる。

私は早く欲しい欲求を抑えられず、即購入可能なクレジットカードで買ってみた。

確かにその場ですぐに購入できた。

クレジットカードで購入可能な仮想通貨はビットコインとモナコインの2種類だ。

10万円ずつ購入したあと、円換算の総額を確認したところ18.5万円しかなかった。

1.5万円はどこにいった?

ネットで調べてみると、どうやら手数料として取られたようだ。

しかし、手数料一覧にはそんな記載はない。

くまなく探すと『よくある質問』にこんなことが書かれているのを見つけた。

Zaif6

非公開ってなんだよ!

まぁ、20万円で1.5万円取られたってことは7.5%の手数料だな。高すぎる。

絶対にクレジットカードでは購入しないように。

無難に銀行振込がいい。

銀行振込は銀行の営業時間だけしか対応していないが一番わかりやすい。

では、手順に戻る。

まずは右上の『アカウント』をクリックする。

すると以下の画面になるので『日本円の¥マーク』をクリックする。

Zaif7

続いて『銀行振込による入金』をクリックする。(他にもコンビニ入金やペイジー入金が選べる)

あとは入金金額を入力して『入金開始』をクリックすればZaif側の手続きは完了だ。

次に自分の口座からZaifに振込すれば、入金額が反映される。

ただし、注意点が1つある。

Zaif側は識別コードにより入金を認識している。

見本の通りに振込人名義を書き換えるようにしよう。

Zaif8

見本だと全て全角に見えるのだが、半角で入力しても問題なく振込はできた。

だいたい10分くらいで入金通知のメールが届く。

日本円が入金できたら、あとは購入するだけだ。

しかし、ここでも手数料に注意して欲しい。

購入方法によって手数料が異なるのだ。

手数料の違い
  • 取引所での購入:手数料安い
  • 簡単購入:手数料高い
  • クレジットカード:手数料超高い

クレジットカードは先ほど書いたとおりだ。

では、取引所と簡単購入の違いは?

取引所は為替と同じだ。買い手と売り手で値が動く。そして手数料が安い。

簡単購入はZaifが保有する仮想通貨を購入することになる。Zaifが仲介するので手数料が高い。

なのでビットコインを買うなら取引所を利用したほうがよい。

Zaif取引所で扱われてる仮想通貨
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • ネム
  • モナコイン

Coincheckの取引所ではビットコインだけなので、それと比べるとけっこう豊富なラインナップだ。

では、手順に戻ろう。

取引所の『主要通貨』をクリックすれば取引所の板を見ることができる。

Zaif5

続いて現物買いで1ビットコインの価格を入力して、買いたいビットコインの量を入力する。

最後に『買い注文』をクリックすれば完了だ。

Zaif9

以上、簡単ではあるがZaifへの登録からビットコインを購入するまでの流れだ。

最後に注意しておきたいのが送金だ。

Zaifから自由に送金するには初の入金から1週間待たなければならない。

マネーロンダリングなのどの不正を防ぐためとされている。

なので、入金してから1週間以上経過したあとに取引を始めたほうが安全である。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

portrait記事を書いた人

トス屋 

⇒プロフィール詳細

仮想通貨取引所のZaifに登録してビットコインを購入してみた。
この記事をお届けした
トス屋の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!

役に立ったらシェアしてね

フォローする