エクステリア

外構工事の見積もりはよくわからない。なので項目ごとに解説します!

更新日:

Exterior

この記事は クラウドソーシング「ランサーズ」 に依頼して作成されたものに、トス屋が加筆、修正したものです。

我が家のスペック

下の表は我が家のスペックです。

ハウスメーカー 一条工務店
タイプ i-smart Ⅱ
階層 平屋
建築面積 約33坪
坪単価(建物本体) 約65万円
太陽光パネル 18.69kW

平屋にしたので大容量のソーラーパネルを搭載しています。

我が家の間取り

下の図は我が家の間取りと土地の概略です。

House-drawing

外構工事の記事を書きたいけど、、

Exterior

我が家は一条工務店で家を建てた。

ハウスメーカーで家を建てれば、必ずお抱えの外構業者を勧められるだろう。

我が家も2社紹介されて、見積もりをもらった。

しかし、その見積もりを見てもチンプンカンプンw

聞きたことのない単語ばかりで、それが高いのか?安いのか?まったくわからない。

しかも、同じような施工なのに、2社の見積額が100万円近く違ったりする。

ブロガーとして外構工事の記事も書きたいところなのだが、手を出せずにいた。

 

そこで目を付けたのが クラウドソーシング「ランサーズ」だ。

 

ランサーズでは、様々なスキルや経験を持った方に記事を書いてもらうことができる。

今回は、一条工務店提携の外構工事の見積もり元に、記載された項目について解説してもらった。

解説して頂いたのは、現場経験5年の方だ。

やはり、専門家目線は納得のいく内容だった。

私のブログにマッチするように加筆、修正はしているが、意図は外さないようにしている。

ぜひとも参考にしてほしい。

 

それではご覧ください。

外構工事見積もりの項目解説

仮設工事

Exterior

「仮設工事」とは、実際に工事を開始する前に必要な準備作業や、事前に手配の必要な経費などのことを指す。

遣方位置だし

 

数量1、単位・式、単価51,810、金額51,810

 

「遣方位置だし」とは、工事をするにあたって基準とする位置を計測して、印を付けていく作業のことだ。

外構工事用の図面には、どの位置に何を作るのかがミリ単位で決められて記されている。

遣方位置だしは、その正確な位置を実際の土地に反映させていく。

完成度にも関わる、とても大切な作業となる。

多くの場合、家の基礎とGL(グランドライン)の高さから計測した位置に、木の杭を打ち付ける。

 

GL

GLとは建築物を立てる時の基準となるもので、家が建っている土地の高さのことだ。

 

「数量1、単位・式」とは、上記の遣方位置だしが一度行なわれることを1式と表し、1式につき51,810円かかる作業なので、金額が51,810円という意味だ。

一般的に工事の見積りは、区切ることの出来る作業ごとに単価が決められる。

その一区切りの作業が1度行われるという単位を式で表記している。

産業廃棄物処理費

 

数量1、単位・式、単価58,717、金額58,717

 

「産業廃棄物」とは、工事中に出た建材の切れ端や空き袋などのゴミの事だ。

外構工事の際に発生した建築系廃棄物は、市町村で管理されている一般廃棄物用の処分場では処理することができない。

そのため、工事を請け負った外構業者の責任で、行政から産業廃棄物の処分をすることが許可されている処理業者へ処分委託される。

処理業者により少し単価は異なるが、この単価に運搬費や手数料を上乗せして算出されたものが「産業廃棄物処理費」だ。

この作業が1式行われるので、単価と金額が同じ58,717円と記載されている。

重機:回送・オペレーター共

 

数量2、単位・回、単価36,000、金額72,000

 

この場合の「重機」とは、回送が必要な大きさのショベルカーのことだ。

 

回送

大型重機を運ぶことの出来るトレーラーやダンプを使って現場まで運んでくること。

 

「オペレーター共」とは、この重機を運転することのできる特殊免許を持った作業員が必要だということだ。

重機を回送して作業を2回行なうので、単価36,000円の対して金額が72,000円と表記されている。

造成工事

Premises

「造成工事」とは、外構工事を進めていく上で必要な土の移動のことだ。

遣方位置だしに従って、土を削ったり掘ったりする。

先行特別養生

 

数量1、単位・式、単価30,000、金額30,000

 

「先行特別養生」とは、内容的には「養生」と大差ない。

見積り項目に「先行」と付けられている作業は、家を建てる前に作業をするという意味だ。

外構工事は、家が建ってから作業を開始することが多い。

だが、家が建ってしまってからだと、狭くて作業が困難になってしまうような事もある。

その場合、家を建てる前に一部の作業をする。

なので、家が建っていない状態で行う先行特別養生は、通常の養生とは別の項目で記され、単価も異なる。

先行掘削、鋤き取

 

機械(ミニ)、数量2、単位・㎥、単価1,600、金額3,200

 

掘削、鋤き取

 

機械(ミニ)、数量38.5、単位・㎥、単価1,600、金額61,600

 

「掘削」とは、地盤を掘る作業のことだ。

遣方位置だしで出した高さと位置に合わせて、大きく掘り下げる。

 

「鋤き取」とは、平らもしくは決められた勾配に合わせて、デコボコのないようにコンクリート工事の土台となる地面を作り上げていく作業のことだ。

鋤き取は、地面を作りながら多すぎた土を残土として運び出す作業までを区切りとしている。

 

「機械(ミニ)」とは、ミニユンボと呼ばれる小型のショベルカーを使用するという意味だ。

先行工事をした際に、2㎥分の残土が出る計算で、1㎥あたりの単価が1,600円なので金額が3,200円と表記されている。

同様に家が建った後から行なう工事をする際も、38.5㎥の残土が出て1㎥単価が1,600円なので金額が61,600円となっているのだ。

ただし、この金額はあくまで計算上のものなので、実際の㎥数は変わってくることが多い。

外周工事

Exterior

「外周工事」とは、土地の境界に作るブロック塀やフェンスを建てる工事のことだ。

先行基礎工事

 

W=250@150、数量16.2、単位・m、単価3,700、金額59,940

 

基礎工事

 

W=250@150、数量6、単位・m、単価3,700、金額22,200

 

「基礎工事」とはブロックを積み上げる前に、鉄筋入りのコンクリートで平らな土台を作っておく作業のことだ。

 

鉄筋

鉄筋とは、ブロック塀の強度を補強するために使われる鉄の棒である。

 

鉄筋は決められた間隔で縦と横に配置され、基礎とブロックやブロック同士のつながりを強くしている。

基礎に対して平行な鉄筋はまっすぐのまま埋め込まれる。

垂直な鉄筋はブロックと基礎とのつながりをより強くするため、基礎に埋まる下の部分を90度曲げて配置されている。

Exterior

W=250は、その曲げられた鉄筋の長さが25㎝になっていることを意味する。

一般的に良く使われるブロックの幅が20㎝なので、それよりも長くすることによって、ブロック塀が倒れにくいように地中で引っかかる役割を果たす。

@150とは、基礎に対して垂直に埋め込まれる鉄筋の間隔が、15㎝間隔になっていることを意味する。

 

先行工事では16.2mの基礎工事を行い、1mあたりの単価が3,700円なので金額が59,940円と表記されている。

家が建った後の基礎工事は6mなので、金額は22,200円となっている。

先行ブロック

 

C-120、数量6.7、単位・㎡、単価8,700、金額58,290

 

化粧ブロック

 

数量3.6、単位・㎡、単価15,500、金額55,800

 

「先行ブロック」と「化粧ブロック」はどちらもブロック本体の代金に作業工賃が加算された項目だ。

使用されるブロックの種類が違うので、単価も異なっている。

先行ブロックはC-120という種類のブロックで、幅12㎝のコンクリートブロックだ。

これは昔から良く使われている、灰色のブロックなので誰もが一度は見たことがあるのではないだろうか。

それに対して、化粧ブロックは多彩な色や模様が付けられたブロックのことで、コンクリートブロックに比べて割高な製品となっている。

 

先行ブロック工事が、6.7㎡で1㎡あたりの単価が8,700円なので金額が58,290円と表記されている。

化粧ブロック工事は、3.6㎡で1㎡あたりの単価が15,500円なので金額が55,800円となる。

階段・アプローチ工事

Exterior

階段工土留め

 

数量10.8、単位・m、単価6,000、金額64,800

 

「土留め」とは、高さが大きく変わるようなときに、高いところの土が低いところに流れていかない様にするために、ブロックを積んで塞き止めることを言う。

階段は、土の坂道をブロックで囲む様にして階段の形を作ってから、タイルを貼って作る。

中の土が流れでないようにブロックを積んでいくことから、階段工土留めとされている。

 

なので、階段工土留めは階段側面に当たる部分を指し、合計した長さが10.8mで1mあたりの単価が6,000円なので金額が64,800円と表記されている。

タイル(役物)工

 

数量4.5、単位・m、単価2,500、金額11,250

 

「役物」とは、特殊な形や色をしたタイルのことを言う。

模様やアクセントとして使用することが多い。

しかし階段の場合、滑り止めのために角に使用するくぼみや膨らみが付いたタイルを指していることが多い。

 

役物のタイルが4.5mあり、1mあたりの単価が2,500円なので金額が11,250円と表記されている。

諸経費

Exterior

機械運搬費

 

数量1、単位・式、単価345,397、金額345,397

 

「機械運搬費」とは、工事中に使用した小型機械を使用する際に現場へ運搬する時の費用のことだ。

依頼先の建築業者によって機械運搬費を取るか取らないか、どこまで経費として換算するのかが異なってくるので、少し曖昧な費用でもある。

例えば、掘削・鋤き取りで使用されたミニユンボや、コンクリートの下地として敷かれる砕石を転圧するときに使用されるプレート振動と圧力をかけるという機械などの運搬費だ。

まとめ

Summary

非常にわかりやすく解説していただいた。

しかし、これは見積もり全てを解説したわけではない。

引き続き、記事が仕上がり次第アップしていく。

 

他にも外構の専門家に書いてもらった記事がある。

 

見積もりを評価してもらった記事。

関連記事:一条工務店の外構費用は高い?施工例、見積もりを分析してもらった。

関連記事:一条工務店提携の外構。施工例は良いけど、560万円の見積もり。

 

上記2社の見積もりを比較検討した記事。

関連記事:一条工務店提携の外構業者2社の見積もりを比較してみた。

 

ハウスメーカーを使わず、直に外構業者に見積もりを依頼した記事。

関連記事:一条工務店提携の外構見積もりは高すぎたので、個人的に探してみた。

それにしても、家を建てるって不安ですよね。

私は住宅展示場に行くのすら、足踏みしていました。

 

『予算の足元見られるんじゃないかな、、』
『押し売りがあるんじゃないかな、、』

 

こんなことばかり、頭をよぎるのです。

実際に頭金や年収などを書かされ、あまり気分が良くないこともありました。

 

そこで紹介したいのが『タウンライフ家づくり』です。

こんな方におすすめ

  • まだ住宅展示場に行くほどではない
  • 先に間取りプランが欲しい
  • どのくらいの費用がかかるか知りたい
  • 土地探しからお願いしたい
  • 一括で比較検討したい

大手ハウスメーカーを含む600社以上の登録があり、これら全てを無料でやってもらえます。

また、各々のニーズに合わせたプランが用意されています。

家を建てたいけど不安を抱えている方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

あなたの素晴らしい家づくりの一助になりますように。

詳しくはコチラ

-エクステリア
-, ,

Copyright© アイスマートな暮らし , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.