ロボアドバイザーとソーシャルレンディングを比較してみた。

役に立ったらシェアしてね

スポンサーリンク
アドセンスリンク広告




色々なところにお金を置いてきました

銀行にお金を預けても、全く増えることのない現在。

銀行はただの財布ですね。

そんな銀行の専売特許だった融資の破壊が起きています。

テクノロジーの進歩で、クラウドファンディングやソーシャルレンディングができたからです。

金融緩和でお金はジャブジャブあるから、みんな利息の高い出資先を探し回ってるんですよ。

だって、私が始めた『maneo』や『ファディーノ』なんて、速攻で資金が集まってしまいますからね。出資したくてもできないくらいの状況ですよ。

ロボアドバイザーもすごいシステムです。私は『ウェルスナビ』に登録してみました。

お金さえ入金すれば、あとは勝手にポートフォリを作ってしまうのですから。

しかも、再投資、リバランスまでロボがやるというから驚きです。人間の感情を全て非除して、過去のデータから最適なプランを選択するのは理にかなっています。

しかし、どちらも銀行よりもリスクは大きいですね。投資にはリスクがつきものです。

資金集めは通常なら銀行に融資を依頼するけど、それができない人がクラウドファンディングで資金を集めているかもしれません。そんな信用のない人に出資してしまったら、お金を失う可能性も高いですよね。

なので、あくまでも余剰資金で楽しむようにしてください。

最近お金を突っ込んだもの

この1ヶ月で資金をバラ撒いてきましたw

去年の仮想通貨で得たあぶく銭です。惜しみなくバラ撒きます。

お金をバラ撒いたところ
  • マネオ
  • SBIソーシャルレンディング
  • ファンディーノ
  • ウェルスナビ

個人的にですが、一番気に入ったのはウェルスナビです。

すべてロボという点が気に入ってます。積み立てが可能なところもいいですね。

お金さえ入金すれば、勝手に買い付けをしてくれます。

次に良かったのはファンディーノです。

これは株式型のクラウドファンディングなので、上場していない株を買うことになります。

上場しない限り売ることはできない、と思っていたほうがいいです。

じゃ、なんで良いのか?

株を買うって、応援したいから買うと思っているからです。

資本主義は金が金を生むわけですが、やっぱり人間味があるところがほしいんです。

だから、この会社には頑張ってほしいという気持ちが再認識できたのがよかった。

買ったのは空気から水を作る会社です。

マネオは少額から出資できる点がいいですね。3万円くらいから投資することが可能です。

ただ、100万円以上入金しないと投資の選択肢は狭くなるのが難点ですね。

保有資金ごとにステータスが決められており、ステータス上位の人は全案件に出資することができる仕組みです。

とりあえず100万円を入金して、30万円出資したら残金は回収しましたけどねw

SBIソーシャルレンディングは1案件10万円くらいだし、案件は少ないし、ロールオーバーされる事もあるし、あんまり魅力を感じないw

でもSBIってつくから安心感はあるよね。とりあえず20万円ほど置いてきました。

ま、こんな感じでそれぞれの特徴があります。

自分に合った出資先を探して、投資を楽しみましょう!

【仮想通貨取引所】

 

【投資】

マネックス証券で株式、確定拠出年金iDeCo、積み立てNISAを始めよう!

リスクをとれるならDMM FXにチャレンジ!

 

【note、ココナラ、BASE】全記事

【その他のおすすめ記事】

  1. 一条工務店の情報
  2. ブログ運営術
  3. 強い心の作り方
  4. 良書の感想

noteで書いてます!

 

【心が傷ついたときは】

精神科薬剤師のお悩み相談

心を整理してスッキリしませんか?

ココナラBASEで受付中!

 

【プロフィール】

portrait記事を書いた人

トス屋 

⇒プロフィール詳細

ロボアドバイザーとソーシャルレンディングを比較してみた。
この記事をお届けした
トス屋の最新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
アドセンスリンク広告




アドセンスリンク広告




役に立ったらシェアしてね

フォローする